-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< バーゲンとかけてCharaのフェア帯ととく、 | main | 3Pコミック3本勝負 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『猿喰山疑獄事件』/遥々アルク
毎年、キャラのフェアで買う本を悩むのに対して策を考えてみるに、
「先にこの本は来年のフェア商品になるのではないか?」と
推測して新刊を購入したらどうか、という結論に至りました。

だーっとフェア商品を思い出してみれば、少なくとも
小説は2007年の終わり〜2008年に出版されているものと
シリーズ作品がいくつかという感じだったので、
今年の「ちょっと気になる程度のキャラ作品」を
買わなければ…って、買うときには忘れちゃうな、きっと。
抑圧できるなら200冊も積読しないわよ。(開き直り)

無駄な抵抗はやめて、今日という日を完全に
物語側へもっていかれたコミックの感想です。




『猿喰山疑獄事件』/遥々アルク
リブレ出版 (2009/7/10)
【Amazon】


☆あらすじ
星グループの若き総帥・星義彦。
猿喰山にある星家の屋敷に入り込んできた庭師・鷺坂貢。
義彦は鷺坂の美貌と自由な心に次第に魅了されて行く。
しかし、鷺坂の意図は別にあった。愛を告げる義彦に
応えた鷺坂の思惑そして真実とは……

*   *   *   *   *   *

前作「ビター×スイート」収録の短編「cleaning」の
切なさにやられて次も買おうと決めていた遥々アルクさん。

目が横長で左右の目の間が近すぎるときがあったり、
表情にもなにか固さを感じてしまったり、
女性に可愛さが感じられなかったりと、正直言って、
遥々アルクさんの絵の癖は好みではありません。

1話めを読み終わったときも、

「義彦が貢によって心をちょっとだけ開いたんだなー。
まあ、頑なになった攻の心を解きほぐすのは受の使命よね。
で?最初の取調べのシーンと繋がんないよね?」

など距離を置いて読んでいたのですが、
次第に次第に読み進めていたらいつのまにか
物語の世界に入ってしまっていました。
入ったなんてもんじゃない生易しいな……、
囚われた、引きずり込まれた、に近いです。

そして惨状と救済を同時に描いた最後の
5ページによって涙腺がぶっ壊されました。

絵の好みなんてもうどうでもいい、
凄い、凄いよ!放心せざるを得ないよ!
もっと言い募りたいけれどネタバレはこれ以上は
したくないから言わないけれど凄いよ!


放心してしばらくしてから読み返してみたら、
「で?」と思っていた1話めにも、以降で存在感を
増すアイテム達が何気なく描かれていますね。
すべて計算ずくなのだとしたら……神業です。

スジとしては全然違いますが、『芋虫』を読んだときのような、
理解しがたい形だけれど「愛」は存在していたのだなと思った
あの読後感を思い出しました。(最後の絵のイメージのせいかな……)


仮定の話ですけれど……木原さんが原作を書いて
遥々さんがコミカライズしたらとんでもない切ない奈落に
なりそうだなあとぞくぞくしてしまいました。
遥々さんは原作つきは描かなさそうだけれど、
ちょっとそんな夢想に浸ってしまったり。

まあ、それはおいておいて、今年のマイベストに
入ると確信できる作品です。
遥々さんには一生ついていこう。

引き込まれすぎて茫然としないように注意が必要ですが、
一読しなければ損な、オススメ!!です。


P.S.
このあとに読んだ小説も面白かったんですけれども
完全に魂はこっちに持っていかれてしまいました。
もったいないことしました。その前に読んだフェア本も
吹き飛ばしてくれてよかったですけどね!(笑)
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:26 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:26 | - | - |