-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『猿喰山疑獄事件』/遥々アルク | main | 『田園少年』/紺野キタ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
3Pコミック3本勝負
暑い!急に夏の気温になりましたね。

さて、3Pコミックス感想…と、題していますが、
コミックスだと短編の1つとして3Pの話が
存在していることがほとんどですよね。

小説なら「1冊丸ごと3Pのための小説」ってのがあるのに、
不思議ですね。やっぱりビジュアルで3Pが描いてあると
過激さが先に立ってしまうからなのかしら。
うーん、難しい。

興味は尽きせぬところですが、このへんにして、
それでは今日の3冊です。



1・『団地ヅマ観察』/かゆまみむ


リブレ出版 (2009/6/10)
【Amazon】



「マンション恋北」の住人が総ホモ化する話です。
潔いくらいそれだけなのですが、13カップルも居たら
覚えられませんっての!(見た目もあんま変わらないし)

そのなかで人数が違うので覚えられるカップルが2つあります。

1つめは科学者(受)が人を2人に分裂させるクスリを
発明して攻に飲ませて、まあ、Hになだれこむ話です。
……かゆまみむさんって分裂ネタが好きなのでしょうか。

2つめは弟カップルの初Hに兄カップルが
ちょっかいまじりのアドバイスと協力をする話。
最初でそれって…受が可哀想と思わざるを得ませんが、
意外と受け入れて最後まで致しているあたり、
なかなかのつわものと言えるでしょう。

あいかわらずエロは汁気たっぷりでした。
たっぷりすぎてちょっともたれたかな。


2・『オーガニック・サンズ』/定広美香


マガジン・マガジン (2005/5/31)
【Amazon】



結婚直前に自分の性癖を確かめるために、
田舎の農家からゲイバーに出てきた受と、
遊び人の攻がお試しで寝て、そのあとに
付き合うようになって田舎で農業をする話です。

この形の絵があまり好きではないのですが、
それでも男性的で受けには見えづらい受けの
農業生活や田舎での家族との微妙な空気や、
目を避けての野外でのHなどが面白かったです。

3Pは、当て馬(受の幼なじみ)が酔っ払って
「Hを見せろ」と絡んできて、これまた酔っ払った
カップルが見せ付けているうちに途中で当て馬が
からんできて……という、プレイですね。

3人とも酔っ払っててあまり記憶が残っておらず、
それでいいのか!と思いましたが、受がどんなに
酔っ払ってても攻の名前しか呼ばなかった、
というのはいいシチュエーションでした。
それでこそ当て馬!



3・『1 1/2(いちとにぶんのいち) Darling』
  (『ベイビ・ベイビ・ベイビィ』収録)/小鳩めばる


リブレ出版 (2009/7/10)
【Amazon】

3Pの感想の前に言わせてください。
編集者と漫画家のアシスタント、漫画家と甥っ子、
パティシエとガテン、田舎の高校生同士、
米屋とリーマン、全部可愛い!
リーマンの苗字が「奥」で米屋に「奥さん!」と
呼ばれるとか、軽妙に笑いもとりつつ、皆頬を赤らめて
照れて、キュンキュン度がかなり高めです。
私はパティシエと米屋が好きでしたけれど、
どれか1つは気に入るものがあると思える短編集です。

そんなキュンキュン度高めの中に珍しく3Pものが
入っております。双子執事攻×不良気味の坊ちゃんです。
坊ちゃんは確かに可愛いし、猫っ可愛がりに
可愛がりたくて仕方ない双子攻めの感情もいいですが、
2人同時に同じ感情を抱いて、職業もその目的のために
選ぶというのは、いくら親の遺言でも
ちょっと強引ではないかと思いました。
やっぱり3Pものってのは難しいのかな……。

ただ、3Pものに執事が交じるのが新鮮ですし、
ほかの作品も面白いし、これはオススメしたい1冊です。


というわけでまたしても統一性のない3P感想でした。
| [その他]3P特集 | 00:39 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:39 | - | - |