-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 腐男子の邪沖縄レポート 2・3日目 | main | 「GENE 天使は裂かれる」/五百香ノエル(金ひかる) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
BLの女性
BLが好きなのはほとんど女子です(よね?)。
その割にはBLの中で冷遇されていることの多い女性。

そりゃボーイズラブですからね、
男性同士の絡みが最優先事項であり
カップルのどちらかに惚れた女性がふられることは
当たり前で勿論な話なんですけれども。
(それでもひどい話ではあるが…)

その類の当て馬的な冷遇ではなくて
人格をもつ人間として描かれてない、腐女子ばっかり、
または逆にまったく女性の出てこないBLってたまにありませんか。

私、あの扱いはどうかと思うのですよ。…



まずBLにおける女性の役割とは何なのか。

それは「物語を導く存在」ではないでしょうか。
さらにその役割と問題点を分類して考えてみました。


1・当て馬
・彼(受でも攻でも)の恋人、彼に恋をしている、奥さんである、etc。
など、これが1番多いでしょうか…ね?
BLではストレートな恋愛対象の相手がいる事で
嫉妬心や罪悪感や敗北感が出てきますから
これは女性にしかできない役割ですね。
冷遇ではありますが…仕方ない部分も多いかな。

このタイプのキャラが居ると居ないとでは大違い。
恋愛にリアリティを持たすなら欠かせない。
が、やりすぎるとヒステリックな馬鹿になったり
犯罪者になったりする傾向アリ。


2・助言者
・女心を教える、恋愛にアドヴァイスする、恋愛を見守る、etc。
これもよくいますね。姉とか友人とか。
恋愛になると人は第3者に相談しがちですから。
友人や同僚として単なる相談するタイプと
姉さんのように教訓を述べるタイプがいて
後者はオカマさんやオネェの人も同じ役割を持ちます。
大体主人公が迷ったり戸惑ったりする話では欠かせないのでは。

しかし巧くないとあまりに頭が良すぎたり、人格者だったり、
言うことは素敵なのに人物が薄かったりする。
人物にしっかりとした人格がないのに偉そうな事喋ってると
イタコでもついてんのか?と疑いたくなる。

あまりに類型的になりすぎることが多い。
とくにオカマキャラ!オカマだというだけで
そんなに人生や恋愛に悟っちゃいませんから!


3・腐女子(番外?)
カップルを見て騒ぐ、ワキで喜ぶ、etc。
コミックなどで良く居るタイプ。
本筋にはほぼ!影響はないですが
読者の視点を入れる感覚を作り出すためでしょうか?
理解ある点では助言者と同じ。

理解があり肯定もするので害ではないが
自虐的になりすぎるきらいがある。


4・女性が出てこない(問題外)
あまりに極端だと思います。実際世の中半分女ですし。
寮や男子校ならまだ分かりますが、それ以上の年齢ともなると…。


まあ、どのタイプにしろ、感情・考え方・性格…
人格があってこそのセリフや行動があるんですよね。
(月影先生の言葉になっちゃいますが)
なのに、喋らせたいことだけ喋らせたら用なしという
悲しい登場・退場が多くありませんか。
さらにはその役割のためだけに存在していることが
私にとってはすごく不自然に見えるんです。

BLの中でも人格を持ち、生活もすれば恋愛もする、
そんな普通に生きている女性が少ないなぁと思うんです。
書いてるのも女性なのに自虐的じゃない…?とも。

BLが現実とは遠いと言えども
人物あってこそのファンタジー。
「こんなことありえねーよ!」が当然のBLでも
女性ならではのディテールが欲しいと思います。


あれ?そうなるとやっぱり執筆サイドの
巧拙の話になっちゃうわけですかね…?

女性と言うよりワキ役全体の話になってしまいました…。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 22:07 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:07 | - | - |