-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『田園少年』/紺野キタ | main | ちょっと肝が冷えた話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『獣』『獣・壊滅』『獣・煉獄』/綺月陣(青海信濃)
昨日は腰痛のため土曜でしたがお休みしました。

運よく整体の予約が取れたので矯正してもらい、
今日はほとんど動かず療養に努めたので復帰しましたが
なんだか休みになると急に腰痛に襲われます。
平日だと気が張っているのがゆるんでしまうのでしょうか。
体のメンテナンスはこまめにしておかなきゃですね。

さて、今日は一日中横になっていたため、
綺月さんの『獣』シリーズを読破できました。
……体調が悪化したようです。

以下感想ですが、生理的に受け付けない人も
居そうですので、お気をつけてくださいませ。



獣―ケダモノ (ピアスノベルズ)  獣・壊滅 (ピアスノベルズ)  獣・煉獄 (ピアスノベルズ)
 【Amazon】       【Amazon】       【Amazon】
『獣』『獣・壊滅』『獣・煉獄』/綺月陣
マガジン・マガジン (2001/12〜2004/10)

☆あらすじ(『獣』より)
関西系暴力団・岩城組二代目組長の妾腹として生まれ育った高校生、志方廉。
組長跡目である腹違いの弟に憎悪を燃やす彼の前に、牙を剥く獣のように
危険な男・九堂了司が現れた時から運命の歯車が狂い始めた。
死んだ弟の身代わりに三代目組長として軟禁され、自由を奪われる。
抗う術もなく凶暴な行為に犯される日々の中で、
やがて彼の内にも九堂に対する真紅の激情が芽生え――

*   *   *   *   *   *

経済ヤクザでもないからか、バンバン人が死にますし
(廉が組長になったのも弟が死んだからですし)、
暴力的なシーン・スプラッタシーンも多めです。

また、恋している愛しているとか、そういう睦言とは無縁、
普通のBLとは価値観の違う、バイオレンスな世界で
生きている人間達の生々しい感情を描いています。
花嫁ものなどとは全く逆の方向に広がった虚構の世界を
濃密に描ききっている、衝撃的な作品です。

さすが綺月さん!といいたいところなのですが、
さすがにやりすぎだろ!という部分もあります。
ありますっていうか、ありすぎです。

プレイに関して言えば、まず、50ページめで、
いきなりフィストファックです。
……痛いよ!下腹部がキュッと痛くなってくるよ!

まあ、それ以前にも攻めじゃない男とのセックスだの
放尿プレイだの銃口を穴に入れるだの、この時点で
ノーマルなBLとは既に隔たりがあるんですけれど。

しかしフィストは序の口、131ページからは蛭プレイです。
蛭です。……こんなプレイがあるとは聞き及んでいましたし、
未遂気味ですが、うげえええ(100文字の「え」を略)。
廉が言うとおり気が狂ったほうがマシだわ、
笑えばいいと思うよウヒャッハー!

そのあとも笑えばいいのか狂えばいいのか、
盃の代わりという題目で構成員50人全員と廉が交わったり、
未遂でない獣姦があったりと半端ではありません。


でも、これらは、「自分は図太いのかもしれない」、
だなんて言っている時点で十分図太い廉が、
受け止めているおかげでギリギリ耐えられるのですけれど、
『獣』こと久堂の壊れっぷりは耐えられません。

過去に家族とどんなことがことが起こっていてもですよ、
消化することで他者と自分との融合をはかろうとする
最上の暴力的な愛情表現だとしてもですよ、
さすがにカニバリズムは耐えられませんて。

3巻の『獣・煉獄』ではだいぶマシになっていましたし、
ある意味ブラック綺月作品の攻らしいキャラですが、
この男にだけは愛されたくない攻ナンバー1です。


うーん、なんでこの本を療養中に選んだのか
不思議でしょうがありません。
噂に聞いていた以上の衝撃でした。

まったくオススメしませんが、刺激と衝撃を
求める方にはぜひオススメしたい作品です。
| [BL・小説]綺月陣 | 22:25 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:25 | - | - |