-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『桃色☆王子―胸の秘密はミルキーピンク』/神香うらら(香林セージ) | main | 記念碑的作品が届いた801の日と7月読書メーターまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『リベット』/天野瑰(原案:木原音瀬)
「暑くて眠れない」

という同僚のセリフを聞いて初めて気づきました。
そのようなことに悩んだ記憶が無い!

いっつも夜中に限界が来るまで本を読んでいて、
文章を文章として認識できなくなったら本も自分も
シャットダウン、すぐに朝を繰り返しているもので……

よく考えたら自分の部屋にクーラーすら無いしな。
自分の鈍さに気づいた瞬間でした。

さて今日は、賛否両論かもしれませんが私は
好きだったマンガ版『リベット』の感想です。



『リベット』/天野瑰
蒼竜社 (2009/7/21)
【Amazon】


☆あらすじ
乾に告白された初芝は、自分の感情に自信がもてずにいた。
乾が好きなのか、一人で生きるのが辛いのか、
さびしいだけなのか、それとも過去の経験が怖いだけなのか。
乾と一緒だと、切ないぐらい幸せになれる。
けれど初芝はゲイではなかった。乾の優しさに甘え、
あいまいな態度をとり続けていた初芝は、偶然、
別の男と抱き合う乾の姿を見てしまい……

*   *   *   *   *   *

ergo に掲載されていたときは原作を未読だったために
読まず、先日小説を読了してから読みました。
ちょっと木原テイストとは違いますが、
これはこれで嫌いじゃないですなあ。

原作の本編とカバー下の間にあったSSの間の
時期にあった、2人が近づくきっかけになった
出来事が描かれています。

「木原テイストとは違」うと感じたのは、
別の男とのからみを見て動揺するというシーンだったり、
横恋慕するオリジナルキャラが意外といい奴だったり、
相手が死にそうなめにあったときに愛情を確信したり、
そういった、まあ、ベタな展開だったからです。

木原さん(原案)なのにどの意味で捉えても辛くない!
辛党にとっての星の王子様カレーのようだわ!
そんな感覚なのです。

でもそれはそれで好きなんですよね。
たぶん、木原さんレベルの心をえぐるような描写を
新しくコミカライズで描くのは難しいでしょうし、
題材の重みは文字のみを重ねる小説形式だからこそ
表現できる重みのような気がします。

だからこの作品は、公認二次創作というか、
設定をどれだけ壊さずに重めの本編を、ベタであっても
「恋愛」というテーマで描き、もちろん病のことも
ないがしろにせずに描いた良質な天野さん版続編だと思います。

私は幸せそうな初芝と乾を見られればいいので、
自分からキスする初芝とか、初芝と居るだけで
本当に嬉しそうな乾が見られただけで満足です。
この2人は尊重しあってるからいいんだよなー……。


同じergo掲載作で先に発売された「恋について」は
本編を忠実に見事にコミカライズをしていましたが、
それはそれ、これはこれでいいと思います。

ま、なんたって、あの救済の話であるカバー下の話を
描き下ろしてくれただけで満足ですしねー!
ま、もうひとつ言えば、天野さんが好きですしねー!(結局それ)

絵が藤田さんから天野さんに変わるのが耐えられないだとか、
木原さんをガッツリ味わいたい人には不向きかもしれませんが、
原作の時間の合間をちょっと覗いてみたい人はよいと思います。

P.S.
どっちでもかまわないでしょうが、原作先のほうがいいと思います。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:53 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:53 | - | - |