-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< BLの女性 | main | 「GENE2 望郷天使」/五百香ノエル(金ひかる) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「GENE 天使は裂かれる」/五百香ノエル(金ひかる)
昨日の記事は読み返すとかなりしっちゃかめっちゃかですね。
くだらない話を読んで衝動で書いてしまったもんですから…。
直す気にもなりません。


さてGENEですが、やっと読みました〜。
結構古い上に名作ですから知ってる人も多いでしょうけど
私は今ナウオンでございます。

ついに積読本の引き出しがあふれてしまったから
流れに乗ってしまえば一気に読めるシリーズものを
まず読んでしまおうと思ったからじゃないですよ、うん。

ファンタジーものが少ないBLでの9冊ですから
かなりのファンタジー長編と言ってもいいですよね。
あと何日かはずっとGENEになりそうです。


では第1巻の感想です。
今回は固有名詞使いまくりです〜。
相当ストーリーはネタバレなので注意して下さい!
というかほとんど説明です…。



Gene
Gene

五百香 ノエル著
徳間書店 (1999.9)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細をみる

☆オススメ!!!

序章ながらハイクオリティにて読者を引き込む。
BLとよんでいいものやら?

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

まずは慣れない固有名詞の羅列ですが1巻の主要人物の説明と流れから。

主人公:イリ・イン・ラーチョオ(イリ)
古くから続く天人の子孫の国、天空帝国ラーチョオ王朝の最後の生き残り。
ラーチョオ王朝は二千年前に思想の違いから袂を分けた
チーイン王朝に滅ぼされ、イリは最後の生き残りとなります。
見た目もそれほど良くなく金髪碧眼の多いなかでくすんだ髪の毛を持ち
しかもフタナリのイリは性奴隷として人身売買されてしまいます。
実は髪がくすんだような銀交じりのブルー・ブラックなんですけどね。
性格は主人公にあるまじき暗さ。暗いというよりも重いに近いです。
可愛くないんですけどその分夜の激しさが男たちを虜にします。

買主:エルネスト・ヤーゴ・レイダー公(レイダー公)
セルゲ・ロッサ公国の大貴族であり、イリの主となる人。
終わりかけている国の貴族らしくかなり頽廃的。特に夜は超頽廃です。
イリの初めての男となりイリを完全な男好きに仕立て上げます。
ヒゲ&オヤジ&鬼畜です。

公の部下:サーシャとミハイル
レイダー公の部下。
サーシャは銀髪ですみれ色の目をした直情型で
ミハイルは金髪碧眼の超美形な慎重型。
2人とも公の命令でイリと体を重ねます。
サーシャなんか最初はイリを憎んでいたくせに
完全な娼婦のイリを抱いたとたんはまってしまいます。
結局最終巻まで登場する2人です。

自由同盟の長の息子:バルト・デナルドン・バティ(バルト)
自由同盟はチーイン王朝の新・天空帝国やセルゲ・ロッサ公国
そして3大国最後のチャンシャン王国の貿易の橋渡しをしている組織。
人身売買もその事業のうちでイリを売り払ったのもこの組織。
その時イリに情けをかけておきながら助けられなかった
バルトはその後のイリの安否を伺います。
男くさい容貌。

チャンシャン国王子:ヤンアーチェ・チャンシャン
チャンシャン王国の第2王子。素直で優しい子。
しかしその優しさがイリを深く傷つけます。
少し前まで平和な生活を送っていたのに突然奴隷扱いをされるイリに
憐れみをかけて自分の食べ残したお菓子を上げるのです。
少年には分からないイリの痛み、屈辱。
イリは長年この少年を恨み続けることが
生きる活力のひとつになります。
彼はかなり重要人物なのでチェック!


イリの波乱の日々はラーチョオ王朝の滅亡からです。
チーイン王朝を軸にセルゲロッサ・チャンシャン3国が手を組み
光油(エネルギーの名)を独占していると難癖をつけて攻め込み
ラーチョオ王朝を完全に滅ぼしました。

イリは王朝の血が流れているとはいえ並以下の存在でした。
そして人身売買されるのですがイリを買ったはレイダー公。
かなり羽振りがよくイリに人並み以上の生活をさせて
夜は愛妾として3PをしたりバルトとHさせたりと大活躍。
イリの唯一自慢となる天使の羽の刺青を入れさせたのもこの男。

イリはあの祖国が滅び自分をすべてなくしたときから
死にかけているようなものでしたが
とりあえずはロッサの生活を1年おくります。

しかしイリの生活はまた大転換します。
セルゲ・ロッサ公国はもともとセルゲとロッサの2つの国でした。
ずっと昔から同盟を結んでいましたがチーイン王朝の差し金で
セルゲはロッサに戦争を仕掛けます。
聡いながらも退廃的なレイダー公はそれをいち早く知り
自決することを望みました。

しかしレイダー公は最愛のイリを道連れにはしませんでした。
レイダー公はサーシャとミハイルをイリにつけて
バルトの手引きでチャンシャン王国へ逃がしたのです。
レイダー公はその後…(泣)


レイダー公の最後の命令は「生きること」でした。
イリはその命令を守りこれからの波乱の人生を
死にたいと願いつつ生きてゆきます。…

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

文章にするとものすごく長いですね。
要約でこれですから五百香ノエルさんには頭が下がりますです。

で、何が面白いかっていうとストーリー!
これだけ壮大な歴史系ファンタジーはBLの世界で
世界や設定がイチから構築されたものはめったにお目にかかれません。
というか、このスケールはBLではなかなかできないでしょうね…。
序章ながらも巧みでスピーディーな展開に参りました。
実はもう最後まで読んでるのですが最後まで
次は?次は!?とページをめくってしまう面白さです。
事実、3日間で読んでしまいましたw


そして、その面白いストーリーに欠かせないのは人物。
イリもレイダー公もミハイルもサーシャもバルトもチャンシャンも
みな非常に個性的でいきいきとした存在です。
今でも体の中に残るキャラたちです。

もちろんHシーンから政治の世界まですべてに満足のいく作品。
大人の「天は赤い河のほとり」です。
主人公があんな甘ちゃんじゃないとこも良いです
(知らない人にはわけわからないですね)。


この世界は物語好きには確実に酔える世界です。
ファンタジー好きなあなた、読んでないなら損してます!
☆オススメ!!!です!
ゼヒ読んでみてくだせぇ!

P.S.分かりづらかったら指摘していただけるとありがたいですw
| [BL・小説]五百香ノエル | 01:35 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:35 | - | - |