-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日曜の夜は音楽と妄想を | main | 『カンゴク69』/阿仁谷ユイジ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ナルシストの憂鬱』/西江彩夏(金ひかる)
編集中に気づきました!
この記事で1000件目の記事でした!
苦節……ってほど苦労はしていませんけれど4年目で1000件、
こんなに長く続けるとは全く思っていませんでした。

いつも見てくださる皆様、拍手くださる皆様、
コメントしてくださる皆様のおかげです。
何も無ければ3ヶ月たりとも続かなかったことでしょう。
いつもありがとうございます、これからも、
どうぞよろしくお願いいたします。

さて……この作品の攻めは(はじめのうちは)慇懃無礼でも
いいからこの程度の礼儀を覚えて欲しい男でした。
以下、感想です。



『ナルシストの憂鬱』/西江彩夏
リブレ出版 (2009/05)
【Amazon】


☆あらすじ
精悍で色男で司法書士、だけど性格は自意識過剰なナルシスト。
そんな山田は、藤中にとって外見だけは好みな尊大で横暴な隣人だ。
しかも初めて出会って以来、お人好しで面倒見の良さが災いしてか、
なぜか山田の世話を焼くはめになってしまう。
さんざん山田に振り回されげんなりしていた藤中だが、
山田の素直で嘘を言わない真摯な言葉に心がときめいて……。

*   *   *   *   *   *

もしBLに「ウザい攻ランキング」なるものがあれば、
今年のベスト3に入るのではないかと思ったウザさでした。

聞こえなかったのか。今晩は君のところに泊めてくれって言ったんだよ。
君は察しが悪いだけじゃなくて、耳まで悪いのか (p.14)
凄いですね、この一文。
前半で理不尽な内容だから聞き返したのに二度言わせるなと
言わんばかりの尊大さを前面に押し出して念を押し、
後半で他人を落として貶める性格がばっちり出ている山田。

僕にはもっと部屋の環境が整ってる、品のある暮らしって
いうものがふさわしいんだよ。たとえばノーブルな、
フランスの四つ星ホテルのようなね (p.15)
……アパートに住まなきゃいいんじゃね?と
思わせつつこのナルシストぶりに辟易して
誰も突っ込む気になれないモンスター山田。

この本はまた今度に……と弱腰になるのには十分です。
ですが、読み進めるうちに意外と可愛げが出てくるんです、山田。

こんな性格になった背景も垣間見えるというのもありますが、
石を拾って喜色満面で藤中にあげたりだとか……なんというか、
「おめでとう!ウザい山田は可愛い山田に進化した!」としか
思えないくらいの変化が起こります。

そうなっても正直すぎるせいで全部を藤中に伝えすぎて
困らせたりするのですが、しかし、ひっくりかえすと
全部本当に見えてくる効果もあるのですよね。

彼が藤中の気持ちを受け止めて懊悩の末OKするのも、
セックスで自分を相手にさらけだすことに呻吟することも、
潔癖すぎといえばそうなんですけど、凄く真摯で
いい男に見えてくるから不思議です……。
ラストシーンは最初からは考えられないほどのカッコよさ!
攻キャラの設定と描写が凄くうまいな〜と思いました。

エロシーンでも本性さらけ出して急に正直な
言葉攻めになるのも美味しかったです。(笑)


藤中はクレーム課主任ということもあって、
山田の極端な性格についていけるので、
これからも仲良く暮らしていけそうなビジョンが……。
あっ、この2人って、厳格な家庭に育てられた頑固お爺さんと
「はいはい、全くお爺さんは」ってさらりと流して
実権を握るお婆さんのポジションに近い気がする。
だからか、うまく釣り合ってこの先も幸せそうな気がします。

ぜひウザい攻にひるむことなく、読んでみてくださいませ。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:13 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:13 | - | - |