-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ナルシストの憂鬱』/西江彩夏(金ひかる) | main | 『ダブルミンツ』/中村明日美子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『カンゴク69』/阿仁谷ユイジ
DQ5(世間と一致しない男)がようやく終わったと思ったら、
今度は立体ピクロスにはまってしまった!
更新しない日が続いたらそれが原因だと思ってください。

さて、今日の感想は阿仁谷さんの作品なのですが、
阿仁谷さんのデビューコミックスは2007年、
2009年8月現在、この作品で非BL含め6冊目です。

出版社も東京漫画社・茜新社・コアマガジン・太田出版、
そしてジュネットとばらばらです。
アンソロ等への掲載も考えると、桁外れですね……
それでいてクオリティは変わらないんだから凄いです。

というわけで面白かったので感想です。




『カンゴク69』/阿仁谷ユイジ
ジュネット (2009/7/31)
【Amazon】

「カンゴク69」と「ナイチンゲールは夜に啼く」
スーパーエロスな2シリーズ収録。驚異の両A面コミックス!!

表題作「カンゴク69」あらすじ
地元で一番スパルタな全寮制の予備校で出会った浪くんと市路くん。
プライバシー皆無の中、こっそり育むラブ&H!!
指だけじゃ半分だけじゃ済まない、童貞力MAXシリーズ!
 
ウラ表題作「ナイチンゲールは夜に啼く」あらすじ
愛仁くんは♂専出張ホスト。いろんなお客にHな奉仕をするのがお仕事。
誰にでも一生懸命な彼が、ある瞬間、運命のヒトと出会ってしまう…!

*   *   *   *   *   *

ピアスのあらすじにつっこむことほど無駄なことは
無いと思うんですけれど、言わせてください。
両A面って今の若い人にはわからないと思うよ!
(自分も知識として知ってるだけでレコードは見たこと無い。)

ふう、それでは収録作「カンゴク69」についてですが、
どうして 69 がないんだ!と憤りました。が、
リバが描かれていたので些細なことは許容できました。
69よりリバよ、リバ!

それにピアスらしくとてもエロエロで素敵です。
阿仁谷さんのエロって質感が伝わるエロなんですよね。
擬音がものすごく描き込まれているということもありますし、
唇とか指とか太ももが肉感的、曲線的で艶かしいのです。
そんでなによりちょっと崩れたような表情がいい!

話自体はシンプルですが感情面でも予備校生ゆえに
ナーバスになったり恋に浮かれて照れたりする描写はあり、
スーパーエロスとして申し分ありませんでした。


もう1面の「ナイチンゲールは夜に啼く」は、
雑誌で最終話だけ読んでしまっていて、
すごく気になっていたのですが、面白かった!

こちらも話自体はシンプルなのですけれど、
絵で語られる感情がもの凄いです。
特に、運命のヒト・劉に出会った瞬間のコマに
描かれたバックのバラといったら圧巻!
一目ぼれのときめきをこれ以上見事に描いたコマは
そうそう無いんじゃないかと思います。

他のコマも愛仁ビジョンでバラが飛び散り、
劉にどれだけ惚れているかが一目瞭然、
ほほえましいやらで幸せな気分です。

また逆に、劉から愛仁を見たときのビジョンを
描いた最後のページがものすごくふつくしい……!
ほかの作品はバンバン忘れてるくせに、続きものを途中から
読んだのに、このコマが忘れられなかったんですよね。


ちなみに前半では愛仁が職業がら、いろんな客と
いろんなプレイをしております。

受け入れられないかも…と思われるかもしれませんが、
お金のためとはいえ相手の欲求に合わせて仕事を
真剣にやっているというのがわかりますし、
劉にだけに受けになるため、攻め受けのポジションで
本気度がわかるのであまり気になりませんでした。


エロが苦手なかたにはオススメしませんが、
ピアスだからといって躊躇している方の背中を
押し切り勝ち越したい、そんなオススメです!
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 00:20 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:20 | - | - |