-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 土日読書日記 | main | 『COLD SLEEP』/木原音瀬(祭河ななを) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『新版 小説道場1〜4』/中島梓
こんばんは……のあとになにから書けばいいものやら。

ここ数日インプットばっかりして、アウトプットを
しなかったせいなのか(昨日は久しぶりにPCを立ち上げなかった)、
それとも言いたいことがありすぎて言葉にならないからなのか。

というのも、昨日の午後から今朝の5時ごろまでと、
今日の午後から夕方までかけて、とりつかれたように
『新版 小説道場1〜4』を一気読みしたからです。

ページ数はたいしたこと無いんですが、濃縮200%です。
結論から言います。ものすごい読み物です。
少なくとも1・2巻は手放したくないです。
プレミアがついてるので気軽には買えないと思いますが、
何らかの機会があれば、ぜひ読んでくださいませ。
(ちなみに我が市の図書館には1巻だけなぜかある)

あとはもう蛇足です。でも書きたい!という気持ちに
従って、以下だらだらと感想です。




『新版 小説道場1〜4』/中島梓
光風社出版; 新版版 (1997/09)
【Amazon】
(4巻だけ画像があったので借用。
それにしてもこの表紙……ダs(略))

□ 1・2巻
1・2巻と3・4巻では書きたいことが異なるので分けて書きます。
さて、1・2巻ですが、これこそ、ものすごい読み物です。
読んでいてたまらなく面白いのです。

新版には批評対象となる小説自体が収録されていないので、
そこは想像するしかないのですが、それでも面白い。

元がどうであれ読んでみたい!と思わせる的確な批評し、
2回目以降の投稿作にはどこが良くなった悪くなったと示唆し、
ときには重箱の隅をつつき、ときには手放しで褒め、
道に迷ったときには叱咤し諭し導いています。
それがすべて「面白いJUNE小説を私が読みたい」から、
という原始的な情熱に基づいていて、
ゆえにすさまじい熱量をもっているのです。

この道場だけをやっているならまだしも、人気作家として
いくつもの著作を世に出し、他の選考も勤めるかたわらで、
月に何本も玉石混交の作品を読んでアドバイスし、
基本的なマナー・技術や小説の心構えを書いています。

とくにこの「心構え」は全く色褪せていません。
今読んでも、小説を書きたいとは思っていない自分でも、
各回ごとに引用したくなるような言葉があります。

また、今も活躍中の柏枝さんが殻をまとっていても、
溢れるような愛情を注ぎ、柏枝さんが殻を破り、
昇級していくさまに感動しないひとは居ないと思います。
いたらそいつがバカだ。(中島さん風?)

こんな風に書ける情熱があったから、今のBLがある。
まさに「BLのお義母様」と呼ぶに相応しい存在です。

先に書いてしまいましたが、柏枝さんほか、
名前を見たことのある方が1〜2巻で多く登場しています。
第四回・江森備さん(復刊ドットコムで『私説三国志』が復刊)、
第十五回・野村史子さん(『テイク・ラブ』の感想書いたなあ…)、
第二十回・鹿住槇さん、第二十三回・柏枝さん、
第二十四回・尾鮭あさみさん、第三十五回・秋月こおさん
(たつみや章名義で登場し、霧浦蒼→秋月こおと変化)、
今でも書店で見かける方が半分居るってのは凄いですね。


□ 3・4巻

3巻も引き続き、
第四十二回・須和雪里さん、第四十六回・佐々木禎子さん
(佐々木さんの評が現在の作品と全然結びつかないんですけど…)、
第五十二回・金丸マキ(山田麻貴名義で登場)などを輩出しています。

が、しかし。
明らかに、道場主のテンションが落ちています。
おそらく、批評の内容は的確なのでしょうけれど、
道場主が門弟に再三語っていた、「書きたいという気持ちが
あらわれていない小説はすぐにわかる」というのを
そっくりそのままお返しされたような内容です。

4巻も全く同じ。非常に具体的な感想と指南なのですが、
彼女が求め創設した「JUNE小説」と「ヤオイ」が
乖離して増えていくことに憂慮しながら、
惰性で続けているような印象を受けます。
「道場の使命は果たされた」直感を信じ、
道場を終わらせた事は正しいと思います。
……正直、読むの辛かった。

ただ、それでも、第六十二回・佐藤ラカンさん、
第六十七回・白銀みるくさん(懐かしいー!)、
そして、最終回の七十一回に榎田尤利さんが登場します。
本当に『夏の塩』は、JUNE以前・以後を区切る作品なんですね。

と、ここで終わればよかったんですけれども、
書き下ろしの「新・やおいゲリラ宣言」は……
理解できる側面(男同士であることへの必然性)や、
面白い解釈(BL=階級闘争とか、山なしオチなし意味なしが
山もオチも意味もある恋愛へのアナーキズムとか)もありますが、
うーん、お義母さんのことは悪く言いたくないけど、
しきたりに沿わない嫁へのお叱りにしか見えません。

私がBL側(嫁の友人といったところか?)だから
そう思うのでしょうが、求めているものが違うからなー…
「この人」のJUNE観、BL観という参考にはなりますが。
ディスコミュニケーションな少女(今も存在するのかは不知)は、
今だったらネットかケータイ小説に逃避できそうだしなあ。
(なぜかケータイ小説も強○が多いですよね。
決して似てると言わないが類似点があるような無いような)


ともかく、中島さんがいなくともJUNE小説というジャンルは
別の場所から発生していたかもしれません。
しかし発生させた本人が、本人の著作の域を超えて
全体を育てるのは中島さんにしかできなかったでしょう。

BLの元となるJUNE小説を創出し育てていただいたことに
深謝し、謹んでご冥福をお祈りします。

P.S.
石原郁子さんや榊原姿保美さん、江森さんなどの
作品が読んでみたくなった。JUNE集めるのは無理だし、
JUNE全集買うしかないかなー…。
| [その他]BL以外の小説 | 03:05 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 03:05 | - | - |