-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『新版 小説道場1〜4』/中島梓 | main | 『COLD LIGHT』/木原音瀬(祭河ななを) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『COLD SLEEP』/木原音瀬(祭河ななを)
ここ何日か、小説道場の衝撃が大きくて、
JUNEとはなんだったのか、BLとはなにか、
もしBLで道場が開かれるならどんな風になるか……
なんてことを考えてたらあまりBLを読む気がしなくて、
BL本以外をメインに読んでいました。

道場はこれだけBLのレーベルも多い昨今では
一元化された形態は難しいのでしょうけれど、
出版社協賛で専門投稿誌を出して、各号で一般投票と
作家何人かで順位を決めて、1年間で最終段位を出して、
で、出版社がドラフトする…なんてことになったら
面白いなあと思うけれど難しいだろうなあ。

まあ、夢想はそれくらいにして、木原さんの
COLDシリーズに手をつけ始めました。
たまにはシリーズを1冊1冊書いてみるのもいいよね、
ということで、以下、1冊目の感想にトライです。




『COLD SLEEP』/木原音瀬
リブレ出版 (2009/01)
【Amazon】

新装版なのに在庫なしってどういうこと?

☆あらすじ
事故で記憶をなくした高久(たかひさ)透は、友達だと名乗る
年上の男・藤島(ふじしま)に引き取られる。
藤島は極端に無口なうえ、透の「過去」を何ひとつ教えてくれず、
透はどこにも居場所がないような寂しさを募らせる。
しかし藤島と暮らすうち、彼の中に不器用な優しさを見いだして―。

*   *   *   *   *   *

痛い辛い泣けると聞いたわりに、今のところ
アマアマな感じでした。余裕だぜ……えっ、
このシリーズは3冊目が痛いんですか?(ネット調べ)
なるべく情報をシャットアウトしていたので
1冊目から痛いものだとばかり…諮られた。

まあ、それにしても、この1冊目は余裕ぶっこくぐらい甘いと思います。
重大な記憶障害があり、肉体的にも痛い事件は起こりますが
(このていどでは痛くないと思えるのがコノハラーかしら?)、
記憶が無くても藤島の喜ぶことをしたいという透の一途さと、
表現下手ではあるけれど最大限透を大切にする藤島が、
「今」を楽しく暮らしているのがわかるからかな…。
セックスシーンも浅めでインサートは1回もないんですが、
それでもすごく互いに求め合ってるのが素敵です。


……なんですけれど、現時点で、不穏な雰囲気や
この先が気になる点がいくつもあります。

なんといっても1つ目は戻らない透の記憶。
この巻で藤島に起こった肉体的に痛い事件から、
透の過去がどのようだったかのかを察することは
できますが、本人にはまだ戻っていないのです。

それから、2つ目。藤島が透を引き取った理由。
もちろん、好きだったからでもあるのでしょうが、
事件に巻き込まれてまで透をかばい、そして、
自分が死んだら全てのものをあげるとまで言うその心の奥。

まだまだあって、3つ目。同時収録されている短編、
「同窓会」シリーズが「COLD」シリーズと
どうかかわっているのか、全く見えないことです。
時間も場所もどんな風にリンクしているのか、
脇キャラの名前を見ても今のところわかりません。

うーん、やっぱり一度に読むことにしてよかったな!
脇キャラ名は1ヶ月経ったら忘れてしまう自信がありますもの。

ところで、新装版書き下ろしの「白い花」、
微笑ましいのですが、花オ○ニーに爆笑してしまいました。
いやあ、人を花に例えることはよくありますが、
花を相手だと思って、というのは斬新ですね。
木原さんのエロは、妄想と現実ごっちゃプレイだの、
頭皮プレイだの、ときたま吹っ飛びますよね……。
そんなところも含めて好きなんですけれど。

今夜は引き続き『COLD LIGHT』、『COLD FEVER』を
どきどきしながら読み進めたいと思います。
それでは!
| [BL・小説]木原音瀬 | 22:43 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:43 | - | - |