-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『COLD SLEEP』/木原音瀬(祭河ななを) | main | 『COLD FEVER』/木原音瀬(祭河ななを) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『COLD LIGHT』/木原音瀬(祭河ななを)
夏の祭りが既に始まっていますね。
今年も暑いから参加しない!と引きこもり宣言を
高らかにしていたのですが、紆余曲折あって
明日だけ行くことにしました。

朝から行く体力は無いので、お昼からですが、
明後日からの会社に備えてリハビリとしても…
って明後日から会社!いやああぁぁー!
一日中物語に浸っていたい!ゲームしていたい!
外が怖い……という感覚が本気にならないうちに
外出しないといけませんね、ええ。

さて…順調に読んだ『COLD LIGHT』です。
「シリーズ中、最高に甘い第2巻」と帯にあったので、
それを期待したのですが…結構痛かったです。
痛いというより怖い、がより正確かな。
詳細は以下にてです。




『COLD LIGHT』/木原音瀬
リブレ出版 (2009/02)
【Amazon】

☆あらすじ
透をかばって負った傷も癒え、藤島の退院の日がやってきた。
再び二人の生活が始まり、恋人として暮らしたいと願う透に
藤島は「君と恋愛するつもりはない」と拒絶する。
透の記憶が戻れば今の関係を忘れられてしまうことだけでなく、
過去の何かを藤島は恐れていて―。
隠された縁が明らかになり、ますます盛り上がる第2弾!

*   *   *   *   *   *

昨日、1巻を読み終えた時点で気になっていたのは3点。
・透の記憶
・藤島が透を引き取った理由とその奉仕的な心の奥
・「同級生」シリーズとの関係

このうち、『COLD LIGHT』で焦点になっていたのは
2点目の藤島が透を引き取った理由、すなわち、
透が記憶を失うまでの2人の過去でした。

これが……ヘビィでした。

なにしろ藤島が「母親による母親のための教育」を施され、
自分で考えられない、洗脳状態になっているため、
読んでいて「反逆しろ!」と歯がゆい気持ちになる反面、
複雑な家庭環境(羅刹の家かここは)のせいで
歪んだ母親の愛情を捨て去ることができない気持ちも
わかるので、藤島の葛藤が痛いほどです。
この年になって反抗期の苦さのようなものを
味わうとは思いもしませんでした…恐ろしい子!

そして、透との出会いが唯一の光と思った刹那に、
藤島が思い余ってやってしまった犯罪的行為と、
洗脳状態から逃れられなかった結果、透の信頼を
完全に失ってしまったというこの苦さ。

羅刹の家で唯一親情を交し合えた透に対して、
自分の意思においても、また、母親の呪縛を
脱却できなかった薄弱な意志においても、
どちらでも透を傷つけてしまっていた過去に、
ズドーンとやられてしまいました。

甘くないよ、苦い、苦いよ!
ミルクチョコレートのパッケージのチョコを口に
放り込んだら99%カカオだった、みたいな感じです。
(余談ですが99%カカオってスイーツとしてどうかと思う)

こんな過去があったからこそ、透にすべてを捧げ、
けれど、透を受け入れられない矛盾が発生したのですね…。
この複雑に作りこまれた藤島の心情が凄い!
同化して翻弄されて、存分に浸れました。


まあ……葛藤しながらも一応の結論を出して、
母親とも一応の距離を取れた後から書き下ろしの
時間軸(記憶喪失から6年後)にかけては、
たしかに甘々でした。あれだけ苦い葛藤を
乗り越えた後だから、余計に嬉しいです。
99%カカオの中心にミルクチョコレートが!みたいな嬉しさです。

まだ「同級生」シリーズとの関係は見えてこないですが、
そんなことはいずれかわかるからいいや。
ん?待てよ、最終巻がドグウァーンと来るんでしたっけ。
となると、残るは「透の記憶」か…おぼろげに
予想はつくけれど予想したくない!けど読みたい!

そういえば藤島の母親が移住したのも透の研修地も
同じか……あの母親がらみがあると嫌だなあ、うう。

あと1冊、覚悟して読みます。
| [BL・小説]木原音瀬 | 23:10 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - |