-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「GENE 天使は裂かれる」/五百香ノエル(金ひかる) | main | 「欲望少年」/直野儚羅 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「GENE2 望郷天使」/五百香ノエル(金ひかる)
連続で更新中のGENEです。
金ひかるさんの挿絵って見てて楽しいな〜。

2巻も波乱や複線がたくさんあります。
そのためまたなっがーいあらすじになって
感想は短くなるんでしょうけど
それでも読んでくださる方はどうぞ続きへ。

かなり!ネタバレです。



望郷天使
<望郷天使
五百香 ノエル著
徳間書店 (2000.2)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細をみる

(オススメ度はシリーズですからいちいち書かないことにしました)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

★2巻の主要人物と流れ

チャンシャン国王:ユンヤミン
現チャンシャン国王にしてイリの新しい主となります。
潔癖で愚直な王でイリに会うまでは閨事もあっさりしてましたが
イリに入れあげます。かなり彼のHシーンは濃いです。
顔はそれほど良いようではないですが、ヒゲが素敵w
真面目な中年が年とってから入れあげると大変、の典型です。
ものすごくイリにいれ込んで、イリを第一妾妃にまでします。
この巻で死んじゃうんですけどね!しかも腹上死!
イリ、おそろしい子…!

チャンシャン国文官:ホークァン・エイリー
バルトの古い友人で非常に賢く能力があるのだが
父が国王の政策とそりが合わず後宮の文官ごときにされて
くすぶっている野心ある男。
美形で身長も高いがどこか怪しい翳りがある。
バルトからイリを守ってくれと言われているのに
最終巻まで一番面倒の渦中に巻き込むやな男です。
しかし、彼が居なければイリの最愛の人とも会えなかったわけで…。
また、彼には同じような状況の官僚仲間・ラジャという友人が居り
この2人がこのさきチャンシャン国の内政を掌握します。

チャンシャン国第一王子:タオホン
正妃の1人息子で正当な継承者だがかなり危ない人。
滅亡型でチャンシャン国も世界もなくなればいいと思っている。
Hにおいても暴行を加える。

チャンシャン国剣聖:サリア・ビキ
第二王子ヤンアーチェの部下で剣の師。
むちゃんこ強い。しかも美人さん。最後まで登場します。

女官:リンゴ・エイリー
イリにつくたった一人の女官。ホークァンの妹だが
本人の性格は明るく雰囲気がまったく違う。
イリ・ミハイル・サーシャ・リンゴという4人は大抵セットです。
こちらも最後まで登場します。


2巻はまずイリご一行がチャンシャンへ亡命するところからです。
チャンシャンへついて後宮に入れられたイリ。
3日目にようやく王がやってきますがその好機を逃さずたらしこみます。
まんまと王はのめりこみやりすぎなぐらいに寵愛します。

その誑しの才能をみこんだのがホークァン。
その次の王となるタオホンを誑しこむよう相談します。
その一方でヤンアーチェとも城下でイリの素性を隠しながら
会わせるところが非常に老獪です。
イリはヤンアーチェから受けた屈辱のため分かったのですけれど。

ヤンアーチェはイリに対してまったく覚えてないので
ホークァンにだまされながらイリに対して淡い恋心を抱きます。
一方でイリはヤンアーチェの父の国王とも体を重ね
さらに秘密裏にタオホンとも同衾しています。
お互いの気持ちは言いませんがまったくずれまくってます。

そして事件はおこります。
国王ユンヤミンは新年の集いにイリを出席させたところに
ヤンアーチェが来てしまいます。
ヤンアーチェ、哀れ打ちのめされ恋心は露と消えたのでした。
その夜、無意識下にそのことがありHに気の乗らないイリに
国王は1人ハッスルしていると突然腹上死っ!!!

イリはまたも災いの渦中に投げ込まれます…

・ ・ ・ ・ ・ ・

いいとこで切れるんですよね…巧い。
ストーリーの力が素晴らしい。

BL的には見所はイリとヤンアーチェでしょう。

1巻でも発揮されていましたイリの淫乱ぶりはさらに加速。
ホークァンともユンヤミンともタオホンとも情交します。

そんなイリを好きになる少年が痛々しくて。
でも少年が打ちのめされるところはいいわぁ
すごく素直で太陽のような子だけに余計その悲しさが引きたちます。

イリが無意識にユンヤミンとのHを嫌がるってのも良かったです。
(この先の展開から考えると)

さらに3巻ではイリはがんがん流されて
ヤンアーチェはぐんぐん自分の道を進んでいきますよ〜!

再度言いますがファンタジー好きなら読んでみる価値アリです。
この紹介でもかなり荒いぐらいですから〜。
特に感情面はほぼカットして書いてるので
ぜひイリの苦悩やヤンアーチェのお子様をチェックしてくださいねw
| [BL・小説]五百香ノエル | 00:15 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:15 | - | - |