-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『お仕事ください!』/音理雄(花本安嗣) | main | 『嘘と誤解は恋のせい』/小林典雅(小椋ムク) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『夏の贖罪』/うえだ真由(金ひかる)
奥さん、今日は小林典雅さんの新刊発売日ですよ!
嘘と誤解は恋のせい(花丸のページに飛びます)』の発売日ですよ!

私は朝の8時半に買ってしまいました。
あまりにこの本が読みたかったため、
体調不良になり、午後に有給をとりました。
しかし帰りの電車も午後も爆睡でした。
いったい何のための休み……まあ、これから読みますけど!

さて、今日の感想は先日久しぶりにブクオフへ行ったら、
今までなかった絶版本の宝の山にあった1冊です。
…強烈だけど面白かった!ということで、感想です。




『夏の贖罪』/うえだ真由
オークラ出版 (1999/12)
【Amazon】




☆あらすじ
有村家の家庭教師になった京介には目的があった。
姉を自殺に追いやった不倫相手の有村に復讐し、
その家族を崩壊させることだった。
手始めに有村の妻・圭子を誘惑し、自分に溺れるように
仕向けるが、単なる不倫相手の域を出ないまま。
焦れた京介は、教え子の有村の息子・馨を誘惑しようとする。
純粋で素直な馨は、年上の恋人にすぐに夢中になり…

*   *   *   *   *   *

どこの午後1時30分の番組ですか?な復讐劇でした。

姉を捨て、京介の家庭を崩壊した有村(父)に
復讐するために、有村(母)を誘惑しようとする
京介の行動は褒められたもんじゃないです。

が、復讐する気持ちもわかります。姉は妊娠&自殺、
父親は左遷、家も手放し、自分は進学先を変更。
妻がダメなら息子!と親子丼計画に走るというものです。
(でもこの計画って自分に自信がないとダメだよな……)

しかしそんな中で本当に馨を愛してしまった!
ってのはまあ、予測できる事態でした。

が、構成的に前編は愛により計画を曲げて、
後編はラブラブ状態での話かと予想してたのに、
なんと復讐を貫き通して前編が終了するのです。
良い意味で予想を裏切られました、凄い!


後編では、仕事も順調、出世のために上司の娘と
婚約と、順風満帆な京介の前に馨があらわれます。
で、再開して愛に突っ走る…なんてことにはならず、
またも予想を裏切られる鬱な展開です。

京介は馨を愛する気持ちは変わらずあるけれど、
「暖かだった家庭」の再構築のために婚約は破棄せず、
馨は、京介に家庭を崩壊させられたことよりも、
母親と二股をかけられていたことを恨み執着し、
またしても二股をかけようとする京介に復讐します。

……京介も馨も歪んじゃってるのがわかりますよね。
京介は不倫していた家庭が、見せかけだけのものかを
知っているはずなのに矛盾に気づかないし、
馨は自分だけを選ばない京介に恨みをもっているのであって、
家庭を崩壊させられたことは二の次になっているのです。

こんな2人ですから…鬱展開が痛々しくてつらかったです。
ですが、ここまで深くドロドロを煮詰めた展開から、
なんとハッピーエンドに持っていった構成の妙に
凄く引き込まれてしまいました。

ま、ハッピーエンドって言っても条件付ですけど。
なんと「京介と有村母の子供がかすがいになる」っていう。
おお、なんという血栓が詰まりそうなドロドロ。

ただ、京介は馨と一応家庭とを手に入れたし、
馨は京介を手に入れたしで、この先は
うまくやってけそうな気もするのです。
最後の花火はそれを象徴する素敵なシーンでした。

夏の終わりにぴったり合った雰囲気の作品でした。
親子丼も含め、かなり苛烈な展開なのですが、
もし手に入りそうであればぜひどうぞ。

P.S.
仮定の話ですが、新装版が出るならラブラブの
書下ろしを加えてにして欲しいな……。
| [BL・小説]うえだ真由 | 21:48 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:48 | - | - |