-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『嘘と誤解は恋のせい』/小林典雅(小椋ムク) | main | 2009年9月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『キスの余韻、恋のはじまり』/音理雄(水貴はすの)
今日はオーケストラのコンサートに行ってきました。
ゲームミュージックをメインに演奏している
アマチュアのオーケストラなんですけれどね、
FF困畔垢い討蝋圓ざるを得まい。

座席は珍しい舞台の後ろ側で、パイプオルガンがめっちゃ近かった!

(左は自分の席から撮影)

音楽に明るくないので出来が
どうとか言えないんですが、
凄く良かった。楽しめました。

なんとゲストで登場した植松さんも
仰ってたけど、演奏者に
「このゲームが好き!」という
情熱があるからかなと思いました。

パイプオルガンも素敵!でしたが、
近すぎて他の音が……まあ、これも
良い経験と言うことで来年も行こうっと。

さて、本業(?)に戻りまして、ひとり音理祭りの私、
届いた本をさっそく1冊読み終わったので感想です。




『キスの余韻、恋のはじまり』/音理雄
リーフ出版 (2005/11/18)
【Amazon】


☆あらすじ
美容メーカーに勤める鳴海と、その代理店のディーラー大須賀は、
信頼しあうビジネスパートナー。ある日、飲み会のゲームで
大須賀とキスすることになった鳴海は、ゲームであることを
忘れて大須賀のキスに本気で感じてしまう。
しかも、それからというもの大須賀は熱心に鳴海を
口説いてくるようになる。更に取り引き先の店長は、
学生時代に憧れていた先輩・有村。彼もまた鳴海を狙っていて……

*   *   *   *   *   *

美容師or理髪師ものといえば『幸運の理髪師』だとか
『ハンサムは嫌い。』などがすぐに思いつきますが、
美容師が取引相手の業界ものは初めて読みました。

美容院で使用しているトリートメントなどを
作るメーカーの営業である鳴海(受)と、流通上、
じかに美容院へ品物を下ろせないメーカーと
美容院の間に入る代理店のディーラーの大須賀が、
コンビを組んで美容院に営業をかける、
というワーキングなのです。

既に3年の間コンビを組んでいるだけあって、
互いに得意分野を生かしつつ、相手を尊敬し、
頼りにし合っているのが良かったです。
仕事はやっぱり信頼の上にないと出来ないですよねー…。

大型チェーンの美容院に取り入るエピソードや、
それと対照的な個人が経営する小さな美容室も
重要である、というエピソードも交えたりと、
業界のことを丁寧に描かれていて面白かったです。
また1つ(浅くですが)お利口になれました。

よくここに目をつけたな!という題材の妙といい、
『お仕事ください!』もですが音理さんの
描くワーキングはとても好みです。
リーフとは思えない!(死者に鞭打つな)


ラブ部分は地味めなんですけれど、鳴海の性格上、
これは仕方ないかも、と納得できる描写が
ちゃんと描かれているので、地味というより
性格を反映した堅実さという感じで気になりませんでした。

大須賀も、「できる男」の面と、できる男の仮面を
かぶりきれない若さがにじみ出てしまう描写の
バランスもよく、好ましく思えたキャラでした。
若干のオヤジくささもまた良かったですしね。

脇キャラ・有村は一癖あるキャラだったのですが、
ウザくなる一歩手前のキューピッドとなっています。
このバランス感覚も好きだなー…で、
結局はヒゲのオーナーと出来てるってのが良い!(趣味全開)
そっちのオヤジ編も書いてくれませんか!と思ったら、
同人誌で既に書かれているとか…うう読みたい。

というわけで2冊目も楽しく読めた音理作品でした。
ワーキングがお好きな方にはオススメです。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:34 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:34 | - | - |