-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2009年9月新刊購入予定リスト | main | 『快楽の支配者』/暁由宇(九条えみり) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『夜明けの声は甘く』/李丘那岐(夏目イサク)
2日ほど前に300万ヒットを越えたようです。
最近はカウンタを見ることもあまり無くなりましたが、
やはり節目というものは嬉しいものです。

度々お礼を申し上げていますが、何度でも言います。
見てくださっている皆様、本当にありがとうございます。
これからも駄文の垂れ流しを続けていきますが、
暇つぶしや参考になれば幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ご挨拶はこの程度にしておいて、いつもどおり感想です。
挿絵買いしたですがさりげなく楽しかったです。
それでは、以下にて。


『夜明けの声は甘く』/李丘那岐
リブレ出版 (2009/08)
【Amazon】



☆あらすじ
和菓子屋店主の佑磨(ゆうま)は、商店街のひそかな人気者。
高校の時、夜逃げ同然で佑磨の前から消えた幼馴染みの一陽(いちよう)に、
好きという言葉もなく抱かれたことがずっと胸につかえている。
商店街の活性化にいまや人気ソングライターの一陽を担ぎ出そうと、
悪友・孝志が佑磨さえも巻き込んで、夏祭りで新曲を披露することに。
久しぶりの再会に戸惑う佑磨は、おまえのためなら
なんでもすると言いつつ冷たい態度の一陽に怒りだし…。

*   *   *   *   *   *

BLにおけるゴーカンはお約束の1つなわけでして、
それについて慣れきってしまっているせいか、
受が内心で怒っていても攻に「愛してる」なんて
囁かれて抱かれて許してしまう、なんて展開も
まあ、気にしないようになりました。

しかし、この作品では過去が今の2人にとって
重要な点となるため、なし崩しになっていません。

逃げ続けまくるドヘタレな一陽にちゃんと怒って、
口を閉ざすドヘタレ一陽に理由を問いただして告白させ、
整理したところで考えて、許しとその理由を告白する。
被害者なのになあなあにせず、悔恨を取り除くために
過去を真摯に問い質す佑磨がかっこいいのです。

高尾理一さんの作品でも感じたことがあるんですが、
たとえ一時的に感情的になったとしても、それだけで
突っ走るのではなく、受がちゃんと納得してから、
思う存分に甘やかされるってのが好きみたいです、自分。

そのぶん、一陽はダメダメすぎるんですけれどね……。
佑磨に向かい合えないくせに独占欲は人一倍あるなんて
ダメダメにもほどがあります。

ただ、一陽の歌をつくる才能がなければ、
バンドを再結成することもなかったでしょうし、
下僕になると言っているので許せる範疇でした。(いったい何様)
オアズケ苦手なワンコっぽいなあ、一陽は…。


また、だんだんと和解してゆく2人と同じように、
曲が出来て、人が集まって、詞ができて…という
バンドを再結成して準備するくだりも良かったです。
BL面がじっくりな反面、このあたりの描写は軽快で、
特にライブのシーンは読んでいてとても爽快でした。

(余談ですが、年をとって最盛期のようには演奏できない、
けれど、変わらない仲間がいるから再結成した、
というオヤジバンドはいい…妄想的な意味で。)

派手な題材ではないですが「昔は」ご近所物語、
幼馴染みものがお好きでしたらオススメです。

P.S.
李丘さんって1〜2冊しか読んだことないのですけれど、
ちょっとこれからはチェックしようっと…。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 00:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:08 | - | - |