-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『夜明けの声は甘く』/李丘那岐(夏目イサク) | main | 重なる日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『快楽の支配者』/暁由宇(九条えみり)
自転車がブームの昨今(だいぶ経った?)、ちょっと興味を
持ったので、ここ何年か乗っているという後輩に、
いくらぐらいのを買ったのかと聞いてみたら、
「10万円ぐらいですよ」とな。
……藤子F不二雄全集が2つ買えるじゃないですか。

彼いわく、パーツなり備品なりのいいものをそろえると、
さらにお値段が上がるそうで、高いものになると
それこそバイクより高いものもあるとか…
うーむ、信じがたい世界だ。

「入門者向けモデルなら5万ほどのもありますよ」

…でも藤子F不二雄全集が買えるじゃないか。(そこから離れろ)
世の中色々だなあと思った今日この頃です。

さて、読書していても、世の中色々だなあと
強く思ったSMものBLが今日の感想本です。
オススメくださったTさん、ありがとうございました。
それでは以下感想です。



『快楽の支配者』/暁由宇
雄飛 (2001/05)
【Amazon】



☆あらすじ
職場では、協調性がなく傲岸不遜な態度の澤崎譲(ゆずる)。
だが、彼がセックスでは従順だと知った能代聡(のしろさとる)は、
そのギャップに強烈な魅力を感じ、恋人として付き合い始めることに。
ところが、付き合いが深まるほどに、何か違和感のようなものを
感じた聡がそれを質すと、譲はそれまで隠していた性癖を明かした。
「私は、マゾヒストなんです」―あまりにも衝撃的なそれに、
聡は戸惑い、苦悩する。そして、抵抗を感じながらも、
主従関係に愛を感じるという譲のためにSMに踏み切ったが……

*   *   *   *   *   *

どうしてもSMというと、ハイヒールの女王様が豚を
鞭で叩いたり罵るような陳腐な想像をしてしまうのですが、
この本を読んだら、つい考えさせられました。

普段口にするSやMというのは、単に嗜虐的か被虐的か、
であって、対象がいなくとも自分ひとりで
完結するようなところがあると思います。
(たとえばきついトレーニング=肉体的に被虐的=Mだとか、
何に対しても毒舌=精神的に嗜虐的=Sだとかいう使い方)

しかし本当のSMはそうではなく、SとMがどちらも
いなければ成り立たない、そして、精神性・関係性が
重要と主張されているのをみて、とても人間らしく、
高次な行為なのではないかと思うようになりました。

2人だけの間で支配するor被支配されることで、
欲望や性癖をさらけ出し、社会的あるいは
倫理的な抑圧のストレスから解放する。
相手が求めているから被虐が喜びになり、
相手が求めているから嗜虐が喜びになり、
支配する=優位に立っているのではなくて、
支配される=劣位にあるのでもない。

単なる生殖であればこんな複雑なロールプレイは
存在しないでしょうし、人間の社会性があるからこそ、
こんな解放手段が生まれるんですものね。


なので、肉体も精神も虐げられる描写があっても、
それは、相手がどのような行為が好きか、どこまで相手の
要求を受け入れられるかを探っていく表現であって、
普通のセックスシーンで「どこがいい?」と聞くのと
さほど変わらないとわかったため、
あまり痛々しく感じませんでした。

むしろ、互いに自分の嗜虐性と被虐性を受け入れ、
また、それを相手にも受け入れられている、
そんな関係が幸せに見えてくるほどです。

同時に、要求のレベルを探り合ううちに、
要求の裏にある互いの抱える問題を描いたりと、
精神面を重視してあるため、うーん深いなあ、と
うならされるばかりでした。

SがMを育成するのではなく、MがSを育成する作品、
というだけで珍しいのですが、それ以上に、
SMという深遠な性癖について考えさせられた、
世にも珍しいBL作品でした。

調べたところによると続編もあるようなので、
探して読んでみたいと思います。
Amazonでは高値がついてるので地道に。
| [BL・小説]暁由宇 | 00:02 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:02 | - | - |