-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ワケアリ』/中原一也(高階佑) | main | 反省と8月の読書メーターまとめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『フリーパンチ』/夏目イサク
夏も終わりまして夜がめっきり冷えるようになり、
学生が学校開始で電車が混むようになった9月です。

今日の女子高校生のお言葉。
「実力テストとかやめてほしんだけどー」
(二学期制で休み明けにすぐ実力テストがあるらしい。
自分の学校は三学期制だったからよくわからない)

可愛い男子高校生なら「ういやつめ」と思えるのですが、
残念ながら、学生の本分なのでせいぜい頑張んなとしか
思えないのは差別でしょうか、いいえ、区別です。

さて、無条件で「ういやつめ」って思えるわけでもない
男子高校生ですが、この作品の男子高校生は可愛すぎです。
夏目イサクさんの高校生はいつまでも萌える!
それでは以下感想です。



新書館 (2009/8/29)
【Amazon】



☆『フリーパンチ』シリーズあらすじ
父親と喧嘩して家出した山田は、担任の天野の部屋に
居候することになる。ただの天然メガネだと
思っていた天野の底抜けの人の好さと、
無条件に自分を信頼する様子に恋を自覚した山田は…?

☆『絡陽館ワイドショウ』シリーズあらすじ
高専「絡陽館」3年の秋に池田は家庭の事情で
寮に入ることになり、成績優秀ながら性格は
抜群に悪い桐野と同居することになったが……。

*   *   *   *   *   *

表題作ともうひとつのシリーズののあらすじを通して
わかるとおり、どちらも同居ものです。

そういや初コミックスの『ノーカラー』も
隣人の関係からなりゆきで居候でしたし、
『タイトロープ』も家がお隣同士でしたし、
『ダッシュ!』のいとこ同士も同居ですね。
夏目イサクさんの好みなのかしら……。
(『どうしようも〜』は最終的に週末同棲状態ですしね。
そいうやワン○ースも同居みたいなもんか)

顔見知り程度の他人からはじまるものもあれば、
最初から安定した関係もありますけれど、そのどちらも、
「物理的な距離が近いほど心理的距離が狭まる」という
心理どおり、近くにいるからこそ親しくなっていく関係や、
そこから恋に移行するドキドキが味わえて大好きです。


さて『フリーパンチ』シリーズで思ったのは、
キャラの表情が凄く増えたな、ということ。
前からキャラの表情は豊かでしたけれど、
前述した既刊コミックスで確認していたら、
やっぱり格段に表情が増えています。
うーん、元から凄いのにさらに素敵です。

天野がコミカルな性格だけあって喜劇的でしたが、
天野が山田を好きになった契機や、見た目が
モテコワ(モテカワではない)な山田が天野に
恋する瞬間が抜かりなく描かれていて面白かったです。

そして『絡陽館ワイドショウ』シリーズですが、
くっ……これまたイサクさんにありがちな
ツンツンツンデレ受と頭不足気味率直攻に、
めっちゃ萌えてしまいました!
これを読んでいるときの自分の顔を月○先生に
見られたら「(にやけた顔がキモくて)恐ろしい子!」と
言われてしまうでしょう。でも私、BLが好き……!

いい意味で行間を読まないでも伝わってくる、
突き放してあとはお好きにという感じがしない、
コミックス通して親切丁寧に作りこまれている…、
何とでも言えますが、あえて言おう、読めと。

カバー下の3コママンガも笑いと萌えを提供で
お送りしていただき、ありがとうございました。

ご贔屓ですがご贔屓なしでも面白いと思います、ぜひオススメ!です。

P.S.
今週末、この『フリーパンチ』発売記念のサイン会ですね。
行かれる方はどうぞ楽まれますように…。
| [BL・コミック]夏目イサク | 23:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |