-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『王子と小鳥』/山中ヒコ | main | 『野菜畑で会うならば』/佐々木禎子(ふくやまけいこ、山田ユギ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『飛ぶ男』/吾木香(藤咲なおみ)
只今積読を消化しようと励んでいるのですが、
積読棚の下層に、いつ・なぜ・どこで買ったのか、
まったく覚えが無いものが何冊も出てきました。

BLならまだなんとなく記憶にあるんですけれど、
非BLに関してはもうお手上げです。
当時の私は宮○輝に興味を抱いていたのかしら?と
不思議がっていたら思い出しました、そうだ、
知人にプレゼントされたんだった……。
わざわざ新刊でくれたのにもうx年積んでるなんて
言えないごめんなさいごめんなさい!
ふう、懺悔終了。これでまたx年積んでおけます。

今日感想のこの本もその類で、なぜ買ったのか
まったく記憶にないのですが、実直で面白い本でした。
以下、感想です。




『飛ぶ男』/吾木香
(「われもこう」ではなく「あぎかおる」とのこと)
イーコネクション (2002/04)
【Amazon】

☆あらすじ
高校生の尾崎千尋は、陸上部の部室にあった走り高跳びの
選手の写真をこっそりと持ち帰る。しなやかな肢体で
バーを飛び越えている写真の中の男に、千尋はいつしか
強い憧憬を抱くようになっていたのだ。
そんな千尋はアルバイト先のオフィスビルで、写真の“飛ぶ男”、
先輩に当たる不破春彦を発見する。ふとしたきっかけで
千尋は不破と同僚の加賀見と親しくなるが、
不破は他人には言えない秘密を抱えて生きていた……

*   *   *   *   *   *

この著者の方はすごくまじめな方なんじゃないかなあ、と
思ったのが読み終わったときの第一印象でした。

とにかく文章がかっちりしているというか、
ややまわりくどく感じるきらいもあります。
しかし、加賀見(実はこの男が攻。影薄いけど)が
無駄口をきかないのを「言葉の吝嗇ぶり」と描写するなど、
表現に独特のものがあるので、読むのはつらくなかったです。

むしろ、そのかっちりした文章で描かれる
登場人物たちの心理は身に迫るものがありました。

特に、不破(受)と、その高校時代の先輩でグダグダと
不協和な関係が続いている松浦との描写が見事です!

自分がゲイだと認められず女性とつきあい破局し、
そのくせ認めることは出来ず、その矛盾をゲイの
不破を貶めることで解決しようとする松浦。
ゲイの性癖を何らかの罪と感じてしまった思春期に、
松浦を愛して抱かれることで罪の意識を共有し、
正当化しようとしていた不破。

どちらも自分の性癖を受けいれられなかったがゆえに、
依存関係に陥ってしまった展開、そしてまた、
自分の性癖を認識したばかりの千尋を鏡に、
見つめなおそうとする不破……見事な展開です。

その合間に苦い経験の後受け入れられた千尋の心理、
結局自らを受け入れられなかった松浦の心理も
描いており、それらもまたあとをひきます。

「ゲイの自分」の葛藤をここまで描いたBLは
滅多に無いのではないと思います。


惜しむらくは、いい男なんだけど松浦が強烈過ぎて
攻の加賀見の印象が弱くなっているのと、
萌え成分が薄めであることでしょうか。

それと、不破たちと同様に、自分の性癖を
正面から受け止められていなかった高校生のときには
つらくて読めなかった作品かもしれません。
エロでない意味でアダルトな作品だと思います。

甘めのBLを読みたいときに読むには不向きですが、
チョコより固焼き煎餅!って気分のときにどうぞ。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:30 | - | - |