-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『飛ぶ男』/吾木香(藤咲なおみ) | main | BLなぐるりのこと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『野菜畑で会うならば』/佐々木禎子(ふくやまけいこ、山田ユギ)
BL小説で短編集の形式は今ではあまり見られないため、
1冊で2人のレーターさんが挿絵を担当していると
なんだか新鮮な気がします。

雑誌→単行本化でない流れの作品だったら
レーターさんを変える必要はないだろうし、
表紙買いしたときにそのレーターさんの絵が
少なかったら悲しいから、復活はないでしょうですが、
あればあったで面白いでしょうね。

作品の感想にどれだけイラストが影響するかとか、
アンケートで傾向が見えたりして…。


さて話は変わり、『小説道場』で気になった、
今日は『野菜畑で会うならば』です。
おお……JUNEだ……以下感想です。

『野菜畑で会うならば』/佐々木禎子
【Amazon】

☆あらすじ
クラスのみんなの顔が野菜や果物に見える!?
表題作は、大きな話題を呼んだJUNE小説のひとつの代表作。
続編の「雪だるまの休日」と、未発表作「UFO銀座で逢いましょう」、
そして、おじいちゃんがホモに目覚めてしまった
「歩く花」(山田ユギ/画)…心を打つ珠玉の名作4編を収録。

*   *   *   *   *   *   *

佐々木さんのBLは何冊か読んだことがありますが、
それらとは全く印象が違いました。

稚拙とまでは言わないものの、率直に言えば未成熟。
文学に感化された高校生が感傷的になって、
自分による自分のための詩集を読まされた感じ。
(物置の奥にある私のノートのことじゃないんだからね!
……死ぬ前に絶対に燃やさなきゃ…………)

表題作と続編の物語も、立野という少年の他者視線恐怖症と
肥大した孤独感(今で言う中二病の症状?)とが
結びついて現実を見れないようになって、
でも他人にはわかってほしいという意識もあり、
葛藤のうちに心の均衡が保てなくなるという、
BL成分もエロもはるひんの千分の一も無い話です。

せっかくのユギさんの挿絵の「歩く花」にいたっては
視点はおじいちゃんの孫娘です。


だからつまらなかった!かどうかというと……
必ずしもそうはならなかったのです。

佐々木さんの「BL」プロ作家としての作品のほうが
完成度・BL成分・エロともに高いですし、
なによりひとりよがりの作品ではありません。

が、しかし、荒削りで未完成で独りよがりだからこそ
存在しうる狂気があって、これが同じ気持ちの人を
ブラックホールのように引き付けていたのでしょう。

思春期の一過性のわけのわからない暗い情熱というか、
当事者にとってはいてもたってもいられなくなるもので、
そして、私のように当事者の時期を過ぎた人間でも、
「このノートは読み返したくないけど処分できない…」と
考えてしまうように全部を捨てることはできないもの、
それがこの作品なのかもしれません。

「この暗さ、この内向、このたよりなさ、この浮遊感。
さよう、『これがJUNE』だと思う」(帯より)
中島梓さんのこの言葉のとおり、「男同士」の恋愛が
メインでなくてもこれがJUNEであることは確かだと思います。

まあ、JUNEがそういうものだから卒業できるのであって、
ジャンルがそう長くは続かなかったのでしょうけれど。
この小説に共感できて泣けるような繊細な感性を
持つ大人はごく一部のひとでしょうから。
(私は当時を思い出すので精一杯ですし、野菜の顔が
シュールすぎてホラーで共感どころじゃない)


続きはもう書かれないそうですが、佐々木さんに
ぜひ立野君を救済してほしいものです。

オススメはしませんが、読めてよかった作品でした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 00:53 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:53 | - | - |