-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『野菜畑で会うならば』/佐々木禎子(ふくやまけいこ、山田ユギ) | main | 前書きのつもりでしたが、な芸術の秋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
BLなぐるりのこと
私のぐるりのことはほとんどBLに関することなんですけどね!
ということでつぶやきレベルのBLぐるりのことです。

□ ブックガイドようやく読み終わりました

先々週に延長した『耽美小説・ゲイ文学ブックガイド』、
返却期限ぎりぎりの今日まで1ヶ月費やして読みました。
単なるブックガイドと思いきや時代や人物背景も
書かれているので、本腰入れてエディタで
気になる箇所のメモをとりながら読んだのですが、
読み終わったメモの文字数をカウントしてみたら、
なんと約17000文字以上ものメモになっていました。

疑問点・気になる人物・読みたい本をごっちゃに書いたので、
まずは自分のためにも整理をしなくちゃ…でもいつもの記事の
10倍以上の文字数、整理にも時間がかかりそうです。
今月の積読増はこれが原因だという口実ができたわ、ホホホ。

□ 人間大してかわらない

以前、『ロイヤル・ゴールド』の感想で西崎祥さんの
挿絵が変わって残念だった、と書いたことがありましたが、
そのときなぜかデジャヴの感覚を味わったのでした。
前にそんなことあるわけ無いじゃないの、と思ったら
本当に過去に西崎さんの挿絵がシリーズ中で変わってしまって
残念だったことがありました…それは、懐かしのパレット文庫から
出ていた、秋月こおさんの『大江戸ヒステリーパンク』シリーズでした。

この作品、秋月さんのフジミシリーズにはまって
その著者つながりで高校生の少ないお小遣いから
新刊で買った作品だったのですが、2冊目までが西崎さんで、
3冊目でほたか乱さんになっちゃったんですよね…。
ほたかさんが嫌いなわけじゃないけど違う!
って思っちゃうモンなんですよね。

ちなみに『ロイヤル〜』と『大江戸〜』の挿絵が
変わった続編が出たのは2001年、時期はほぼ同じ。
7年越しの再体験じゃ忘れるよなあ……絵の好みも、
感じることも、大して変わりゃしないものですね。

□ しおりの可能性

先月のシャレードの新刊を読んで改めて思ったこと。
なぜシャレードのしおりはあんなにランダムなのでしょうか。

『天狗の嫁取り』に『最後のテロリスト』のしおりが入っていて、
『ワケアリ』に『王子隷属 〜仙狐異聞〜』のが入ってました。
せめて人外ものあわせで『天狗〜』に『王子〜』を
入れたら少しは販促になるかと思うんですが……。

そもそもBLでしおりが入っていること自体少なくて、
いまパッと思いつく限り、前述のシャレードと、
文庫ではガッシュ、ルビー、パレット、ホワイトハート、
ノベルスではリンクス、アイノベルズ…ってところでしょうか。
(すでにこのうち2つは出てないですしね)
チラシはほとんどで入っていることを考えると、
販促の効果がないのでしょうかね?

でも、たとえば、ガッシュのようにレーターさんに
書き下ろしてもらって、何枚かで繋がる絵にしたりとか、
ほかの作品の表紙とあらすじを入れてチラシにするとか、
パレットのように4コママンガにするとかで、
しおりの価値を高めて販促に出来ないのかなあ……。
まあ、それで本を買うかといわれると不明ですけど(笑)

□ 帯もすごい

先日9月のリストで紹介した剛さんの新刊の
過激な表紙ですが、帯も凄かったです。

Amazonでよかった
帯があってもなくてもやばい……!
カラー口絵も大事なものが見えてる…!
これは何の羞恥プレイですか。

ところでいつの間にショコラの
装丁って変わったんでしょうか?

前より好きなデザインですけれど、
シリーズものがまた困るなあ、と
危惧するにもショコラで現在進行形で
集めているシリーズがなかったとさ。
(ショコラ自体シリーズが少ないですけど)




というオチで…オチてますかね?
まあ、オチてなくても強引に今日はこの辺で。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 23:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:56 | - | - |