-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 前書きのつもりでしたが、な芸術の秋 | main | 『スリープ』/砂原糖子(高井戸あけみ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『初心者マークの恋だから』/いつき朔夜(夏目イサク)
先ので予期せぬ雑文記事が2つ続いてしまいました。

別に悪いことだとは思っていないんですけれど、
なんだか最近文章が長くなりすぎている気がします。
うまい人は200文字でも100文字でも感想を
ぴったりと伝えられるのでしょうけれど、
自分はついだらっと長くなってしまいます。
字数の調整って難しいものですねえ。

さて、字数もそうなんですが、その文章を最大限に
伝わるように時間内に喋る弁論はもっと困難だろうな、と
思った、弁論部顧問の先生同士のBLです。
やっぱりいつきさん大好きだわ……!以下感想です。


『初心者マークの恋だから』/いつき朔夜
新書館 (2008/10/10)
【Amazon】
(いやーんメガネが可愛すぎるよー!と
ぎったんばったんしたものでつい大画像)

☆あらすじ
年上のいい男に口説かれて、ホテルに入った新米教師の謙吉。
なのに土壇場で怖じ気づき、彼がバスルームにいる間に逃げてしまう。
ところが数ヵ月後、他校の会議室でその男・達川と再会した。
そして、高文連弁論部門の専門委員として共に活動することになる。
男として教師として憧れと尊敬の念を抱かせる達川に、謙吉は惹かれていき…

*   *   *   *   *   *

新聞でも紹介された文化部系マンガ。(WEBの記事はこちら
『とめはねっ!』、『放課後ウィンドオーケストラ』、
『ちはやふる』(6巻も超熱かった!)などがありますが、
同じように「弁論部」をとりあげて、その顧問達の
ラブを描いているのですが…弁論部、熱いな!

中学のときにやらされたときには、
身近な疑問→全体の問題→解決方法、というのを
書けと言われて通り一遍にそれに沿って書き、
自分でもつまんない作文が出来たところ、
喋る前に校内落選してほっとしたという記憶しか
ないのですが、ちゃんと語りたいことがある人が、
ちゃんと努力してやると熱くなるものですね!

自分が無為に過ごした時にただひたすらに
心血を注ぐの見ると、うらやましいという気持ちと、
こっちも不意になにか熱いものがこみあげてきます。
BL部分を削って改稿すれば教科書に載りそうなくらい、
そこで楽しめた作品でした。


って、削られたら寂しいんですけどね!な
部分の謙吉と達川のお話について。

謙吉は自らの経験のなさ、身体を恥じるがゆえに
体験前に逃げ出す最低な行動をとってしまうのですが、
達川は立場を生かしながらじりじりと迫り結ばれる…
というBL的にオーソドックスなものでした。

ただ、その「じりじり」の部分がワーキングを通したもので、
自動的にページを多く割かれた部の活動と強く絡むため、
すごく丁寧に描かれているように思えました。
ワーキングの醍醐味である対立関係・同等関係も
込められており、ワーキングBLとして面白かったです。
(一番頑張るのは喋る当人でしょうけれど、でもそれは
教師もろもろ裏方の尽力があってこそですよね。
頑張る理由が不純なものであったとしても(笑))


エロはページ薄めでしたが、そのなかにも
目の前で自慰させたりわかめ酒ならぬワイン酒など、
オヤジ色を覗かせる達川がよかったです。
達川って確かに仕事できるよき先達ですけれど、
年の差を気にするわ抜けてるわ、意外とヘタレ面もあって、
将来良いヘタレオヤジになりそうな気が…じゅふふ。

弁論に胸を熱くしたあとにオヤジ臭に萌える自分に
疑問を感じずにはいられませんが、素敵な作品で
あることにはなんら影響しません。オススメです!

P.S.
感想部分の目標は801文字でしたが898文字…やっぱり難しいな。
| [BL・小説]いつき朔夜 | 23:48 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:48 | - | - |