-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『初心者マークの恋だから』/いつき朔夜(夏目イサク) | main | アレを求めて街へ出よう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『スリープ』/砂原糖子(高井戸あけみ)
今日は早く帰れたのでメガネを探しに行きました。

今度免許の更新があるし、今のメガネの度が合わないし、
リスパラのコラボメガネが気になってるし、ま、
単にかこつけて買い物したいってだけなんですけど。

というわけでリスパラコラボメガネの実物を見るべく、
ひとがいっぱいいる所まで遠出した…のに、
イメージと違って何も買わずに帰ってしまいました。
なんかこういうときって凹みます。新しいメガネ……。

そんな鬱々とした気分の帰路でしたが、
この本を読んでいたら気分が別の方向へ飛びました。
テンションがあがりはしませんでしたが、面白かったです。
以下、感想なのです。




『スリープ』/砂原糖子
新書館 (2009/9/10)
【Amazon】


☆あらすじ
睡眠障害のナルコレプシーを患っている倉知。
ところ構わず襲ってくる発作的な眠気のため、
生活に支障をきたすことの多い倉知をフォローしているのが、
同級生で同じマンションの住人でもある上木原だ。
理由は退屈だから。倉知とは反対に上木原は不眠症で長い夜を持て余していた。
だがいい加減で本音を覗かせない上木原が自分に構う本当の理由、
倉知はそれが知りたかった――。

*   *   *   *   *   *

ナルコレプシーといえば、物語の世界では
よく出てくるけれど実際にお目にかかったことが
無い病トップスリーに入る疾患ですけれど
(ちなみにベストは記憶喪失。あと1つはなんだ?)、
そんな受と不眠症の攻……設定からして面白い。

そして「きっと攻が告白したり手を出そうとしたら
受が高橋○美子のキャラのように擬音を立てて
寝ちゃって、悶々とし続けるお話なのだわ!」と
コメディ方面の砂原さんだと勘違いしちゃったわけです。

しかし蓋を開けてみたらどシリアスなのでした。
ああ、どっちかっていうと砂原さんはコメディのほうが
好みなんだよな…と勝手に失望しかけたのもつかの間、
50ページほど読んだところでハマってしまいました。

倉知のナルコレプシー(+カタプレキシー)も、
上木原の不眠症も精神的な傷からきていて、
それぞれが家族や親しかった身内から受けた傷なのです。
そりゃあシリアスにならざるをえないですよね。

けれどそんなシリアスな展開だからこそ、
眠ってしまった倉知を守ろうとする上木原の気持ちが、
自分に傷を見せようとしない上木原になんとか
心を開いてもらおうとする倉知の気持ちが、
痛切に伝わってくるように思いました。

とくに挿絵もあり見せ場となった、倉知が何者かに
乱暴されたシーンでの上木原の行動は素晴らしいです。
ちゃらっとした軽い自分を装いながらも、
自分が憎まれてでも倉知が傷つかないように、
倉知の精神を守ろうとする上木原……惚れるわ。

割れ鍋と綴じ蓋という単語が本文でもあとがきでも
でてきますが、壊れた鍋でも繕った蓋でも、
ぴたりと合えばそれでいいんだと思います。
この先疾患がどうなるかまだ未確定な2人ですが、
現代社会で病んでない人なんてほとんど居ないんだから、
これだけでも十分幸せですよね……。


いちおう幸せに終わった2人とはいえ、やはり暗くなりがちな
全体を明るくしてくれたのは脇役で2人の友人の住田でした。

合コンに行っても顔を忘れられてしまう空気顔なのに、
最後のほうでのストーカーじみた他校生(男)に
一目ぼれされ、分厚いラブレターを渡されるという、
なんともこの先を読みたくさせるコメディ男です。
ていうか私が読みたい!


砂原さんってこういう、ちょっと(かなり?)
一風変わった題材を扱うのが本当に上手いですね。
身長ミニチュア化とか、テレパシーとか。

今まで読んだその部類の中で一番シリアスだと
思いますが、それでも強く引き込まれた作品でした。
| [BL・小説]砂原糖子 | 23:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |