-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アレを求めて街へ出よう | main | 『愛の弾丸』/小川いら(九號) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『不条理で甘い囁き』/崎谷はるひ(小椋ムク)
今日は何ヶ月かぶりに日本酒を飲みました。

前回失敗してから断ビール・断日本酒(お酒全体ではない)を
心がけていたのですが、お寿司におつまみといったら飲まいでか!
甥っ子が「くさーい」と言っていましたが、まあ、
昔は自分もそう思ってたもんなあ…オトナの楽しみです。

でも久しぶりに飲んだせいか、ものすごく早く回ってしまい、
帰ってくるなり2時間ほど寝てしまいました。
ダメなオトナだなあと思いつつ、これもまた楽し、です。
感想とは全く関係ありません。

今日は、崎谷さんの新刊、でも懐かしい…!という作品の感想です。



『不条理で甘い囁き』/崎谷はるひ
幻冬舎コミックス (2009/9/15)
【Amazon】


☆あらすじ
大手時計宝飾会社勤務の羽室謙也は、ジュエリーデザイナーの
三橋颯生(さつき)と勢いで体を繋いだが、相思相愛だったことがわかり、
晴れて恋人同士に。ある日、颯生の古いアルバムを見ていて喧嘩になる。
意地っ張りな颯生は、それでも後日歩み寄りのためベッドをともにする。
しかしなぜか謙也は途中で帰ってしまい、それに落ち込む颯生だが……

*   *   *   *   *   *

この作品は実は続き物で、その前作(ルチルから新装版で
出てます)が崎谷さんの作品の中でも大好きだったのです。

残念ながら挿絵が桜城さんからムクさんに
変わってしまいましたが、それでも、
この2人の話が読めて嬉し懐かしでした。

BLのくっついた後の「くだらないことで喧嘩して
仲直りしてラブ」という展開のとおりなのですが、
もともとこのシリーズは崎谷さんにしては地味めで、
普通っぽい人物がちょっとしたことでめげたり、
仕事のことで悩んだり……というものなので、
あまり気にはなりませんでした。

そして、ちょっとしたことから発生するすれ違いや
こじれてゆく心理描写は細やかで、さすが崎谷さん!
そして甘すぎなラブ!けしからんもっとやれー!

最近の崎谷さんの作品にはこの胸焼けするような
甘さが足りないと思うのですよね。
テンプレだろうが砂吐きの甘々だろうが、
好きなカップルだからOK!と断言したくなるBL、
それが私が崎谷さんに求めているものなのです。
(まあ、私が崎谷さんを読み始めたきっかけが、
あの『ハチミツ浸透圧』だからってのもあるんですけど…。)

というわけでこの作品は前半は大満足でした。
謙也こと謙ちゃんが帰っちゃった理由が「インポ」なのも、
事件としてはゆるいけれど、この2人らしくていいですしね。
ああ、本当にこのカップルは大好きです。

後半も相変わらずラブラブで面白かったのですけれど、
書き下ろしのせいか、最近の崎谷さんに感じた暗さ…、
具体的に言えば、どうにもやりきれない不愉快な
脇役がいるのが気にかかりました。
2010年には長編でこのシリーズを書き下ろすそうで、
嬉しいのですが、イヤーなキャラが出ないと
いいなあと願うばかりです。


ところで、このシリーズはスピンオフはしないのでしょうかね?
もしするとなると謙ちゃんの同僚などが候補になるんでしょうかね。

颯生の上司・神津さんがオヤジスキー派としては希望なのですが、
妻帯者じゃ無理か…第一崎谷さんはオヤジ書かないですもんね。
うーん、定年で引退して第二の人生なのにバリバリ働いてるなんて、
こんな美味しいオヤジ、脇だけじゃもったいないと思うのに……!

すみません、話がわき道にそれましたが、ラブラブ甘々BLを
お探しのときは、前作とあわせてオススメです。
| [BL・小説]崎谷はるひ | 23:38 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:38 | - | - |