-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『不条理で甘い囁き』/崎谷はるひ(小椋ムク) | main | 2009年10月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『愛の弾丸』/小川いら(九號)
連休最後の今日は新刊買込+物産展+マンガ喫茶でした。

なんかこう、もっとバーッとグアーッと優雅に
華やかな過ごし方が出来ないものかと嘆きましたが、
渋滞が40kmや60kmだったなどと聞くと、
距離的・金銭的に安上がりな趣味でよかったと思いました。

家に帰ってからは自分用のBL小説読了リストを整理しました。
去年からレーベルもつけるようになったのですが、
今のところシャレード/ビーボーイ/ルチルが3強と、
去年とはまた違うランキングになっていて意外です。
最終的にはどうなることやら……。

さて今日はその3強のルチルの新刊です。
いらさんの感想久しぶりだなあ…それでは以下です。



『愛の弾丸』/小川いら
幻冬舎コミックス (2009/9/15)
【Amazon】


☆あらすじ
ヤクザの愛人の子として生まれ、不本意ながらその道に入った
宇佐美英志(うさみえいじ)は一見勤勉なサラリーマンだが、
実は自分の美貌を利用した「仕事」もそつなくこなすやり手。
そんな英志の事務所に、フリージャーナリストの
国木田哲夫という男が怒鳴り込んでくる。
ヤクザにも全く物怖じせず、それどころか英志に
無理やりキスを仕掛けてくるような男で―!?

*   *   *   *   *   *

舞台はアウトローですがあいかわらずの安定感でした。
アウトローと言っても血で血を洗う展開にはならず、
むしろ受が家業を放棄したがっているので、
その方面では風呂で言うと39度ぐらいのぬるめです。

そしてもう一方のフリージャーナリストも、
『誰よりも大切な人』や『極悪なカンケイ』のように、
「違う世界にいるちょっと危険な男(攻め)」であって、
いらさんの作品ではたまにみかける攻という感じで、
さほど危険な匂いがしないカップルでした。

では安定感があった中でどこが特徴的だったかと言うと、
会話のノリがすごく男子的なところでした。

受と攻が同等にアウトローであるためなのか、
片方が貶しては、片方が挑発的に軽口をたたき、
またそれに皮肉的に応酬する……言葉は複雑になっていようと、
「バーカ」「アーホ」と言いあう男子を眺めているような
楽しみがありました。(こちらの記事を読んで知ったんですけれど
ファックコミュニケーションと言うらしいですね)

これは男女間だと見られにくいコミュニケーションですし、
恋愛関係に至ろうとする間柄ではなおさらで、
最初は友好関係でない男性同士だからこそ
取り入れられた面白さなのではないかと思います。
この2人はこの先もずっとこんな会話してそうですけれどね。

でも現実にはファックコミュニケーションが
成立する恋愛関係って男同士でも難しいでしょうねえ。
お互いの友情と愛情の切り替えがズレたらアウトですもの。


他にも、受が不本意だと思っていた行為は
実は自分でも望んでいたことだと攻が諭し、
受が気づいて心が軽くなるシーンや、
攻を快く思わない側近の大江が意外といいタッグを
組んで受を救出に来るなどの見所もあったのですが、
その辺はダイジェスト紹介と言うことで……。
(そんな感想でいいのか。まあいいか)

あ、ちなみに、ほんのちょっとですが受とヒヒ爺との
セックスシーンがあるので、苦手な方は避けるか
目をつぶるかしてやり過ごしてくださいませ。
そのかわり、攻めの無精ヒゲを描写したエロは
好みでした…無精ヒゲ好きにはオススメです。

というわけでコミュニケーションが面白かった1冊でした。
| [BL・小説]小川いら | 23:12 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:12 | - | - |