-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2009年10月新刊購入予定リスト | main | 『さらってみやがれ!』『犯ってみやがれ!』/矢神りな(小路龍流) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『甘い罠』『恋の獲物』/暁由宇(斐火サキア)
昨日はまた宝塚を見てきてしまいました。
どんだけ好きになったんだ!と思われるかもしれませんが、
タダで誘われたら行っちゃうってのが人情と言うもの。

前半のコメディは、一緒に行った宝塚自体はじめての人が
「あんなに派手で大音量なのに寝ちゃった……」と
つぶやくのもしょうがないと納得するほど退屈でした。
が、後半のショーはノリノリなサンバが爽快でした。

それにやっぱり大劇場でのラストの階段を
降りてくる場面、あれがあると楽しいなあ。
また機会があれば行ってみたいですね。


さて、今日の感想は最近お気に入りの暁由宇さんの作品です。
(今は無き)ジーン・ノベルス、あなどりがたし!
それでは以下にて。




『甘い罠』  『恋の獲物』/暁由宇
【Amazon】【Amazon】

(2冊の表紙が繋がっています。こういうの楽しい。)

☆あらすじ
生真面目な公認会計士恭介は馴染みの居酒屋で知り合った千博と
ひょんなことから親しくなる。かつて親友に恋人を奪われて以来、
恋愛に積極的になれず、仕事に没頭する日々を送る恭介にとって、
自分に懐く年下の千博は可愛い弟のようであり、心和む相手だった。
だが、その出会いは単なる偶然ではなく、巧妙に仕組まれたもので……

*   *   *   *   *   *

この人の書くSMものは本当に面白いなあ。

『快楽の支配者』『罪深き誓約』では
MがSを育成していましたが、こちらでは逆に、
SがMの素質を見つけ出して育成する話です。
上下とも呼べる二冊を使って、M側から見た感覚と
S側から見た感覚を丁寧に描いています。

私の知識不足かもしれませんが、一般的にBLでのSMと言えば、
嗜虐的な攻に虐げられ痛かったのに気持ちよくなるなんてっ…!
と受が慣れてゆくパターンばっかりだと思っていたのですが、
暁さんはそれ以外のパターンをいくつも描かれていたとは…凄い!

そしてもっと凄いのは、前作同様に互いを精神的に
解放するプレイとしてSMを深く描きつつ、
特殊なものとして描いているわけではないことです。

出会いこそS→Mへの一方的な強い執着が描かれ、
BLである以上、2人の関係がクローズアップされて
SMも過激に描かれます。ですが、目を引くために過激に
描こうとしているのではなく、彼らの生活の上で
SMが欠かせない要素だから書いている、という感じがします。

年下のバイトの彼と年上の公認会計士の彼の側面、
ご主人様とペットの側面、どちらも彼らで、どちらも大切。
日常全体が支配-被支配に染まるのではなく、
2人の間だけでの日常の中に根付く愛情の
表現として描かれているのが素敵です。

特性上、閉鎖的(監禁とか拉致とか)に使われるSMも
それはそれでいいですが、日常に寄り添ったSMは
もっと読んでみたいなあ…プレイの中身がどうであれ、
そこに信頼関係が読み取れるのが良いです。


ちなみに、SMという点はなくとも年下攻めとしても良いです。
普段は目上を尊重して尊敬し、SM中は誰よりも相手が
欲しがっているものを理解し、充足を与えます。
もちろん年下攻めの、社会にまだ男として
認められていないことへの密かな焦りつき。
…本格S年下攻め、隙が無いけどお得じゃないか。

というわけでまたも大満足な2冊でした。
2冊まとめて読まれることをオススメします。

P.S.
Amazon内を『甘い罠』で検索したら和書53件中、17冊がBL!
多すぎ!と思ったらハーレクインにはかないませんでした。
| [BL・小説]暁由宇 | 23:43 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:43 | - | - |