-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『甘い罠』『恋の獲物』/暁由宇(斐火サキア) | main | 『R134』/橘紅緒(高星麻子) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『さらってみやがれ!』『犯ってみやがれ!』/矢神りな(小路龍流)
昨日はごろ寝でマンガ読んで眠くなったら寝て、
という、テレビの前で動かないトドと罵られ、
邪魔扱いされるおっさんレベルの生活でした。

これではいかんと今日はBLの新刊を買いにでかけ、
また、免許用のメガネもついでに買いました。(↓)

Newメガネ

非球面でなんと脅威の5990円!ちょっと派手ですが
普段はかけないからいいや……。普段使いにいいかな?と
思うものもあったので、今度また買いに行こうかな。

さて、そのメガネの待ち時間に読んだ作品です。(読むなよ)
誰が言ったか知らないが、言われなくても確かに
トンデモなトンデモアワーのお時間がやって参りました。
お相手はこちらの作品です。ってことで、
以下、ネタバレしまくりアホアホ感想です。



 
『さらってみやがれ!』『犯ってみやがれ!』/矢神りな
イーストプレス (2003/6, 2007/06)
【Amazon】       【Amazon】

☆あらすじというほどでもないあらすじ
ホテルのロビーで突然、アヤシイ男たちに拉致られちゃった新米警官の鷹夜。
連れてこられた先は最上階のスィートルーム。なんと男娼と間違われて、
ただいま誘拐・監禁中の人質…超ワガママ御曹司、要のえっちのお相手を
させられる羽目に…。およそ色気などない鷹夜なのに、
どこがお気に召したものやら、御曹司サマはすっかりご執心の様子で…

*   *   *   *   *   *

↑拉致られちゃったじゃねーよっ、新人の警察官とはいえ
訓練はしてるだろ〜よ!(作中の会話文風に書いてみました)、
なんてツッコミをしているとキリがありません。

とにかく可哀想を通り越して頭が幸せな受けの鷹夜と、
それに勝るとも劣らぬ頭のおかしさを見せる攻め・要が
ホテルでやりまくってなぜか付き合うことになったり、
CA・バニーガール・チャイナドレスにコスプレする鷹夜に
要が萌えて毛糸のパンツに欲情してやりまくる話です。

……うん、すごい要約ですけど間違ってないと思います。

文章も「そ〜なんだ」などのひっかかる文章で、
読みやすいとは言えないのですが、しかし、
ワーストではない理由は、攻めのおかしさ。
これに尽きると思います。

受けが頭が弱い作品はいくらでもあるんですけれど、
攻めがここまで迷言を吐く作品は珍しいんじゃないかと。

スペックは高い(高校生なのに30に見えて御曹司で
経営にも携わる。トンデモとして申し分ない)のに、
口から出てくるのは傲慢を通り越したバカ台詞。
例を挙げてみますと、

俺ともあろうものが、こうもペースを乱されるとはな……
『さらってみやがれ』(p.57)
どこの紫のバラのひとだよ!

「どうだ?この色つや、張り具合、見れば見るほど
惚れ惚れすると思わんか?」
     『さらって〜』(p.72)
これがあの、受の肌を褒めてるならまだわかるんですが、
自分の性器に対して自画自賛って人間としてどうなの。

(受けが他の男に触られかけ、「減りはしないと…」と言われて)
「減ったらどうする」     『さらって〜』(p.136)
き、き○がいだわこの子…!

「…(中略)…俺は、一度触れた肌の感触は忘れん」
『さらって〜』(p.173)
なにこの超能力。探偵○園Qに入ればいいのに。

「俺はこういう者で、アレ(受けのこと)とはロマンティックな関係だ」『さらって〜』(p.210)
  /'           !   ━━┓┃┃
-‐'―ニ二二二二ニ>ヽ、    ┃   ━━━━━━━━
ァ   /,,ィ=-;;,,, , ,,_ ト-、 ) ┃               ┃┃┃
'   Y  ー==j 〈,,二,゙ !  )    。                ┛
ゝ.  {、  - ,. ヾ "^ }  } ゚ 。
   )  ,. ‘-,,'   ≦ 三
ゞ, ∧ヾ  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
'=-/ ヽ゚ 。≧         三 ==-
/ |ヽ  \-ァ,          ≧=- 。
  ! \  イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
  |   >≦`Vヾ        ヾ ≧
  〉 ,く 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・

滅多に使わないようにしているAAを使うぐらいの笑撃。
なんだよロマンティックな関係って!
マジでリアルに吹いてしまったじゃないか!

というわけで、この珍妙な攻めに笑わされてしまい、
ワースト入りどころかトンデモベストに入りそうな予感です。
(この攻めの口調、なんとなくベ○ータっぽくて、
○ジータ声でツンツンしながら喋ってるのを妄想して
萌える…と思ってしまった自分がヤバいなと思いました。)

この方の作品、以前にワーストに入れたんですが、
攻めの何が違うのかなあ…傲慢さでは同じですし。
台詞がより珍妙なのと、高校生だから
仕事シーンがひどくても許せるからかな?
トンデモのアウトとセーフは基準が紙一重な気がします。

ちなみに『犯ってみやがれ!』からは台詞を1つも
引用してませんが、「第二章 芳醇!! 生搾りは黄金の味」という
章タイトルからそのぶっとびっぷりをご想像ください。

トンデモに耐性がないかたにはまったくオススメしませんが、
トンデモを娯楽として楽しめる方にはオススメです。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:42 | - | - |