-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『さらってみやがれ!』『犯ってみやがれ!』/矢神りな(小路龍流) | main | 『蛇とワルツ』/榎田尤利(志水ゆき) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『R134』/橘紅緒(高星麻子)
ね…ねむい……。のうみそのなかでことばが
かんじにへんかんできない、そんなじょうたいです。

ついに仕事の大波が来てしまったため、
BLを読む暇もない、というのはないですが、
脳が仕事モードに入っているためか、
字を読むスピードが格段に落ちています。
ただ、その副作用なのか、いつもより脳に文章が深く入り、
いつもより感情がゆすぶられるような気がしています。

そんなときに橘さんの本はぴったりだったのかもしれません。
物足りないところはありつつも、ひさしぶりに
橘さんの「文章」を読んで満喫しました。
以下、秋の夜長につらつらと感想です。




『R134』/橘紅緒
大洋図書 (2009/9/26)
【Amazon】



☆あらすじ
四年前、白倉梓朗は幼馴染みで誰よりも大切な麻也を守るため、
留学を決意した。そして今日、麻也のもとへ帰ってきた。
けれど、梓朗の留学を裏切りとしか考えられなかった麻也は
「一生おまえの顔は見たくなかった」と梓朗に告げる。
一緒にいることに馴れすぎていたふたりの別離。
それは互いに不安とより強い独占欲を抱かせもした。
麻也を誰よりも理解しているのは自分だと
絶対的な自信を持っていた梓朗だが・・・!?

*   *   *   *   *   *

あらすじを見てお分かりかと思いますが、
とりたてて新しい題材、というわけではありません。

受けは攻めが好きだけど、好きになってもらえないと
わかって(思って)いる、それでも自分にとって
大切な存在だから相手を失いたくなくて、
そばにいるだけでいい……!と達観したつもりが、
相手にはいつの間にか気をかける相手がいて嫉妬…。

かように、要約してしまえば、BL以前から
連綿と受け継がれた恋愛のベーシックな話です。

そのストーリーの中から、感情の揺れ幅を削ぎ落として、
繊細な表現を織り込み、情景と独特の雰囲気を湛えています。

これは好みやそのときのBLバイオリズムとしか
言いようがないのですが、わかりやすい刺激が
ほしいときに読んでいたら退屈だっただろうし、
文章に深く浸っていたい、と思う今の私には繊細で
秋の海の雰囲気を醸し出す洗練された話、
と感じるだけなのだろう、と思います。

(自分の感想をあとで読んで、この作品はなんで
面白いと感じたんだ?と思うこともしばしば、
なんでつまらないなんて感じたんだろうと思うことも
しばしばな自分が言うと説得力があるのかないのか……)


なお、独特だった点では受けが「攻めに愛されない」と
考えている理由が、セクシャリティの違いではなく、
攻めがセックス自体が苦手であり、それは攻の
つらい経験を連想させることであるから……と、
まず相手を思いやっていることが良かったと思いました。

時間をおいたのも攻めのためでしたし、
その思いの丈を強く感じられました。


ただし、明らかに蛇足/不足と感じた要素もありました。

まず第一に、梓朗が帰ってきたゲストハウスの住人。
ふたりの関係の成立に必要だったのはごく一部だけで、
橘さんの冷涼な雰囲気だけに和気藹々にもなりきれず、
存在する必要があったのか不明なところ。

第二に、感情が見えなさ過ぎるところ。
もちろん、Aという行為とBという行為の間にあった感情を
推測はできます。けれど、急な移行に感じられてしまい、
「ん?」と読み返すこともあり……でした。

まあ、互いに執着心はバリバリ見えてますから、
相手の気持ちを知るやあっさりとくっていても
違和感はないのですけれどね。


いまの自分にバイオリズムがあってるみたいだから、
これを期に積読作品を読んでしまおうかな…。
というわけで橘さんの「文章」を味わうのには○です。
| [BL・小説]橘紅緒 | 01:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:28 | - | - |