-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『R134』/橘紅緒(高星麻子) | main | 無意識の危なさと9月の読書メーター >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『蛇とワルツ』/榎田尤利(志水ゆき)
相変わらずの深夜帰宅&更新です。
感想自体は適当な余り時間で書けるので、
大して負担じゃないのですけれどね。
むしろその方が集中して書けているような気がします。

ところでこのタイトル、既視感があるなあ、と
思われた方、私のほかにもいませんか?
私が連想した答えは『蛇にピアス』でした。
語感がそこはかとなく似ているような……似てないか。
まあ、この作品は『蛇とフェイク(3音だから見逃して!)』
といった内容の作品でした。

やっぱりシャイ×エダさん(シャイ攻めではない)は
いいですね!それでは以下、感想です。




『蛇とワルツ』/榎田尤利
大洋図書 (2009/9/26)
【Amazon】


☆あらすじ
『Pet Lovers』のオーナーである仁摩遙英(にま・はるえい)は、
仕事が恋人というワーカホリックだ。そんな仁摩は、
問題児のペットを躾け直すため自宅で預かることに。
カテゴリー爬虫類の蛇・竜巳杏二は命令しても動かず、
読んでも振り向かない扱いづらく仁摩はうんざりする。
だが、不遜なばかりではない杏二を知るうちに、
まるで恋人のように惹かれ始めていくのだが……

*   *   *   *   *   *

状況はさまざまですが、主人が孤独なのは、
ペットシリーズに共通していることだと思います。
その中で、もっとも孤独なひとがオーナー・仁摩でした。

……なんという皮肉!こんな商売をしている仁摩自身は、
恋愛で盲目的に愛情を捧げたのに捨てられた過去があり、
今ではひとりがいい、と仕事に依存して生きているのです。

けれど、仁摩が特殊なペット事業を選んだのは、
仕事として面白いからだけではなく、
やりがいがあるからだけでもなく、やはり、
願望が込められていたのからなのではないでしょうか。

セックスすることはあっても完全な性産業ではなく
むしろそのような扱いをする敵には毅然と立ち向かう。
必ずしも従順を強要するのではなく、
ペットなりに主人に従うようにしつける。
それらは、盲目的に捧げることを望んでいた自分から
脱却して、ちゃんと他人を愛したい、という願望が
あったんじゃないかな、と思います。

だからこそ、仁摩の願望の代替ともいえるペットたちは
何が何でも守ろうとしたんじゃないかなあ……。
短絡的ではありますけど。

しかし、仁摩にはもうひとつ、母との関係による
複雑な事情もあり、強く愛されたいという願望もあり、
矛盾した2つの気持ちが描写されることで、
表面的には弱くは見えない仁摩は、
実はあまり強くはないとわかるのです。

そんな中で、真剣に仁摩を愛する杏二が
現れて本当によかった!と思いました。
ペットに癒されるオーナーの孤独……、
これこそがペットシリーズの醍醐味ですね。

いや、最初のうちはこいつが攻めか、いやだなあ…と
思っていたんですが、蛇はいつのまにか
可愛さを見せる年下攻めになっていて、
「蛇」=「嘘」と暗喩されていた謎も二転三転し、
蛇自身の魅力にも、ストーリーにも引き込まれました。
うん、ペットシリーズの中では犬に次いで好きだなあ。

あ、そうだ、犬といえば、この作品に主人ともども登場します。
最終巻にふさわしく他のシリーズ作からも出演しています。
全部志水さんの絵で再生できるというのは贅沢ですね。


なお、トラウマになった男を振るシーンは爽快でしたが、
せっかくの当て馬なんだからもうちょい出張ってもいいのでは、
とだけ気になりました。そのくらいかな……。

と、ついでに3Pのことも…。ペットのしつけなおしのため、
手練のネコ(二重の意味で)を呼び寄せますが、
そのうちに仁摩も交じって3Pになるというプレイ的3Pでした。
けっこうあっさりと前半にあったのでちょっと驚きです。


というわけで、読んで損はしないと思います。
1作目から追って読むことをお勧めいたします。
| [BL・小説]榎田尤利 | 02:44 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:44 | - | - |