-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 無意識の危なさと9月の読書メーター | main | 『白檀の甘い罠』/春原いずみ(明森ひびか) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『丸角屋の嫁とり』/山中ヒコ
お金が使いたくてたまらない!
なぜなのかわかりませんが、ストレスが溜まると
残業しているんだからいいじゃないか、と
お金を使いたくてたまらなくなるのです。

本関係は特に危うく、普段は読みたくならないものまで
とても魅力的に思えてしまい、次の日の朝、
注文済のメールを見て反省することもしばしば。
なんであたいはハーレクインのアラブものを
買ってるんだよ……!とか。あ、これはあくまで
例えですよ、ロマンス小説のアラブにクリスマスセットを
一気に買ったなんてことはないんだからね!…はあ。


さて気を取り直して、先日も通販で一気に買い込んだ中で
一番面白かった、山中ヒコさんの新刊の感想です。
涙ぐみながら読んでしまいました…それでは以下。



『丸角屋の嫁とり』/山中ヒコ
新書館 (2009/9/30)
【Amazon】


☆あらすじ
武家の庶子である鈴は、本妻の目を恐れ男の身で女として育てられた。
美しく成長した鈴はある日、町でならず者に絡まれたところを
町人の新三郎に助けられる。以来、男というものへの憧れを
育て始める鈴。だが父から借財のカタに嫁入りを命じられ……
表題シリーズほか、SEの神田と後輩・染谷の
年下攻リーマンシリーズ「新しい武器」を収録。

*   *   *   *   *   *

BLで女として育てられたのだのトラウマもちだのは
よくあること(っていうのもすごいな)ですが、
1つ1つのエピソードがすごく印象的です。

たとえば表題作『丸角屋の嫁とり』シリーズでは、
鈴がむりやり女として育てられ別宅で暮らすなか、
家族に愛され、男の子として育つばあやの孫・荘太に
妬みによって怪我させてしまう場面があります。
ここまでたったの10ページも無いのに、
母が亡くなり父もめったに訪れない環境の鈴が、
どれほどの孤独感を抱えているのかを想像させられ、
涙ぐまずにはいられなくなってしまいます。

また、「嫁に行ってくれ」と父親に頼まれるシーンでも、
父親が体面しか考えず、「男とばれたらそのときは…」と
懐刀を渡されるシーンでも、唯一父親から渡されたものとして
丁重に受け取る鈴が健気で泣けてしまいます。

簡潔なモノローグ、セリフ、間、そして表情、
すべてがぴたりと合致して、千の言葉よりも
雄弁に鈴の気持ちを語っているのです。
王子と小鳥もそうでしたけれど……上手いなあ!
絵は全然違いますけれど、よしながさんの「間」に
通じるうまさがあるのではないかと。

攻め側の心情が見えるシーンは少ないものの、
それでもその少ない中に鈴を恋しいと思う気持ちが
見えていて、「うわーん幸せになってよかったよー!」と
キモい泣き顔になりながら満足しました。


で、さらに面白いのは、『丸角屋の嫁とり』シリーズも
『新しい武器』シリーズもなんですが、カップル視点の
話の後に、脇キャラ視点での話があることです。

鈴が男とは知らずに片思いしていた荘太、
神田と染谷のいちゃつくシーンを見てしまった同僚の吉野、
キャラの立場もシチュエーションも全く違いますが、
第三者からの視点で見ることで、メイン2人が
どれだけ相手のことを考え想いあっているのかを
より深く、見事に描かれているのは同じなのです。
満足っていうレベルじゃねえぞ!その上って意味で!

『初恋の70%は、』収録の「恋と恋の間」でも
片思い中の他人を第三者のように見て、
途中から割り込んでいく話はあったけれど、
この構成はさらにその上を行く面白さですね。
山中ヒコさんの「新しい武器」って感じですわ。

山中ヒコさんの作品を読むようになってよかった!と
つくづく感じました。ので、読んだことのない方には
ぜひ同じ感覚を…!ということでオススメです。

P.S.
続きを誰視点でも同人でもいいから描いてくれないかなあ…。
ラブラブモードをもうちょっとだけ読みたいんじゃよ。(○仙人風)
| [BL・コミック]山中ヒコ | 23:17 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:17 | - | - |