-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『丸角屋の嫁とり』/山中ヒコ | main | 非BLマンガ読了メモ@2009.10.09 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『白檀の甘い罠』/春原いずみ(明森ひびか)
サイトのトップにも書きましたとおり、10月から、
あまりのスパムの多さにTBを拒否設定にしています。

1日1桁なら削除もまだたいした手間じゃないんですが、
20件も30件も来ると数を見ただけで消す気が失せます。
で、数が増えるとちゃんとしたTBを誤って
消してしまうことも何度かあり、凹みました。

さほど頻繁にTBを交わして議論するブログでもなし、
困る方はほとんどいないと思いますので、
98とかme用のウィルスが少なくなるのと同じように、
ブログが前時代の遺物になりスパムが来ない状況に
なったらひっそりと戻す予定です。
まあ、TB自体すでに前時代っぽいですけどね……。


さて今日は、遺物や時代遅れと近いような遠いような、
伝統としきたりにとらわれた香道の名家の
跡取り問題を題材にした作品の、感想です。



白檀のカバー絵なくて自分撮り
『白檀の甘い罠』/春原いずみ
徳間書店 (2002/10)
【Amazon】


☆あらすじ
伝統としきたりを誇る、香道の名門梓川流。家を嫌い、
勘当中の大学院生・雫川章也(しずかわふみや)に、
突然の帰宅命令が!当主の祖父が倒れる中、
なんと双子の兄弟・敦也が駆落ちし、
目前に迫った香会の香元を務めることに!?
反発する章也の教育係になったのは一門の高弟・有田雅邦(まさくに)。
「一週間であなたを次期宗家に仕立ててさしあげます」と
言い切る有田は、優雅な口調で超スパルタ。
でも稽古が終わると別人のように甘やかしてきて……

*   *   *   *   *   *

春原さんといえば医者もの!だと思いますけれど、
どちらかといえばそれ以外のほうが好みのようです。
つまらないってわけじゃないんですが、
医者ものって何気なく多いですよね、BLに!
(元)医療従事者が多いのかしら、BL界は。

まあ、それはおいといて、香道BLです。
受の章也がさっぱり知識を持たないおかげで、
香道=匂いをかぎ当てるとしか知らない私にも
わかりやすく、かつ、興味をそそる程度に
有田が解説してくれて面白かったです。
BLで雑学を知るの、結構好きなんですよね。
(ちょっとWikipediaで調べてみたら凄く細かい…!)

てなわけで、まず雑学BLとして楽しめたのですが、
次に面白かったのはお家騒動の展開でした。

兄弟が家を出てしまい、家のメンツをとらされるために
章也がなんと1週間の特訓でしのいだのだったら、
普通、母親や宗家(=当主)の祖父は喜んでいいはず、
なのに、喜ぶどころか認めもせずまだ敦也を
連れ戻すそうとする気配さえ見せ、香会のあとも
香道のなんたるかを教え続ける雅邦にも祖父は大怒り。
当の敦也も章也の前に現われて、
跡継ぎ騒動は混乱の様相を見せます。

章也が疎まれていた理由が原因かなあ、とは
想像できましたが、終着点がわかりにくくなっており、
なかなか最後までどうなるかわからず面白かったです。
いいですね、こういう本家と分家の争いだとか、
嫡流と庶流の争いはコテコテで大好きです!

まあ、結局「どっちにも決まらず祖父復活」なのは
拍子抜けでしたが、兄弟の才能の差を見る限り、
どちらが優れているともいえないので、理想的かも。
でもどっちかに決めないとこの先大変だと思うんだけどな…。
いっそ宗家に超年下の彼氏が出来て跡継ぎに!とか
シルバーラブ的な展開になりませんか、そうですか。

明森さんの絵との親和性もしっとりとして良好でしたが、
雑学的部分・お家騒動部分に力が入っていたぶん、
BL的要素があまり高くなく、ぶっちゃけ低いです。
ただそこは、登場する和歌に思いを重ねるという
雅な方法をとることで、作品全体の雰囲気に
よく似合った印象をつくれていると思います。
エロシーンは期待しないほうがいいかな…。

ということで、雑学+お家騒動が楽しい1冊でした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:32 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:32 | - | - |