-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『白檀の甘い罠』/春原いずみ(明森ひびか) | main | 一点整頓主義 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
非BLマンガ読了メモ@2009.10.09
とある理由により仕事が軽くなってしまいました。

好きだけど多作で追っかけるのに大変な作家さんが
突然ほとんど書かなくなってしまって、
金銭的に楽になったけど寂しいような、あるいは、
BLを描いていた作家さんが非BLに進出して、
もちろん嬉しいんだけれど心にぽっかりと
穴が空いてしまったような寂しさを感じます。

別に仕事が好きってわけじゃないけれど……、
ちょっとため息ついちゃうメランコリーな夜です。
ま、J庭の次の日に有給取れそうなのはありがたいですが(笑)

さて、久しぶりに非BLマンガの感想ですが、
ここのところ「BLを描いたことのあるひとの非BL」が
多かったので、それらをまとめて感想です。


1・『Love,Hate,Love.』/ヤマシタトモコ
祥伝社 (2009/9/8)
【Amazon】

☆あらすじ
貴和子は、ある日同じマンションの隣室の
ベランダでタバコを吸う男に出会う。
52歳、気だるげな大学教授、縫原。ダンサーの道を諦め、
バレエ講師として日々を過ごす貴和子に、彼は誠実な言葉で
語りかける。今まで恋愛を避けてきた貴和子の心に火がともり……

*  *  *  *  *  *

BLだろうが非BLだろうが、作家の味は
どこでも同じだなあと思いました。
淡白で後ろ向き、だけれど激しくて脆い心の揺れ、
BLでのヤマシタさんの受がそのままそっくり
女性になったような印象を受けました。

正直いうとここのところヤマシタさんのキャラの
後ろ向きさにちっと飽きてきたのですけれど、
女性だとしっくりくる…セクシュアリティへの
過度の恐れがないせいかなあ。1冊丸まるの長編なので、
貴和子の成長もしっかり見ることができてよかったです。

が、なんでこれをBLでやってくれないのか……!と
思ってしまうのは贅沢なことなのかしらん。


2・『さよならキャラバン』/草間さかえ
小学館 (2009/9/10)
【Amazon】

☆あらすじ
ある日、いつもの学校の中に、見慣れない制服を
着た生徒が何人もいることに気付いた羽田。
どうやら近くにきているサーカスの団員が、
1月だけ転入しているらしい。ある理由から
サーカスにはまったく興味のない羽田だったが、
ひとりの少女と出会って————

*  *  *  *  *  *

すごく……草間さんです…ってくそみそ的に終わりで
いいかしら。というくらい、素晴らしく草間さんでした。
作家の魂、ジャンル選ばず!!

ジャンル選ばずというか、この作品自体ジャンルが難しい。
恋愛ものもあるといえばそうだし、ホラーともいえるし、
童話的でも文学的とも郷愁的とも感じられるからです。
まあ、素晴らしければなんでもいいと思うんですよね。
物語の妙に膝を打ち、キャラに愛着を感じ、雰囲気に酔う、
ひたすら浸ることが許されるマンガだと思います。

この本はたぶん一生手放さないことになるかな…。
草間さんがBLの世界に属している僥倖を
改めて感じた作品でした。


3・『大奥 第五巻』/よしながふみ
白泉社 (2009/9/29)
【Amazon】




☆あらすじ
五代将軍・綱吉の御台所が、京から呼び寄せた右衛門佐。
家光が寵愛した有功の後、長く空席だった大奥総取締の
座を手に入れた彼の目的は…!? そして、
後継ぎのいない綱吉を巡り様々な思惑が…!?

*  *  *  *  *  *

すごい、面白すぎる!毎回何度も読み返してしまう。
地位も賢さも美しさも兼ね備えた天下人と
前巻で完全に悪女として描かれた綱吉の中に、
これだけ空虚な心が潜んでいたとは……。

貴族や王族などの地位の人間の錯乱ぶりって
気が狂ってるとしか思えないときがありますが、
こんながんじがらめの中で「子供を作る」ことだけを
強要されたらそりゃー頭もおかしくなるって…!

お万の方再登場、歴史の面で重要な「生類憐みの令」、
大人気の「忠臣蔵」が男女逆転の世において
どのように描かれているかなど、見所はいくらでもあり、
動乱の時代から饗宴と倦怠の時代に入って
しまった綱吉の時代…存分に味わいました。

次は短期間の6-7代目だけれどどう描くんでしょうね?
大奥といえば絵島生島事件!も確かどっちか…(調査)、
あ、家継時代なので、続きがほんと楽しみです。


4・『森文大学男子寮物語』/山中ヒコ
祥伝社 (2009/10/8)
【Amazon】

☆あらすじ
10歳差恋愛に翻弄される純朴四国っ子、
3股恋愛に冷笑する多情な男前、
年下彼女に手を出せない秘密のメガネ男子、入寮イベントに
憤慨する勤勉学生、留年+退寮ピンチに陥る元野球少年…。
大学の寮生たちが織りなすトキメキ必至のパワフル青春オムニバス。

*  *  *  *  *  *

あらすじでいうと「入寮イベントに憤慨する勤勉学生」から
「留年+退寮ピンチに陥る元野球少年」へと繋がる話が
よかったです。直接的に繋がりはしませんが、
奇遇にも同窓生として入寮して通過儀礼を乗り越え、
ともに暮らすことになる始まりの No.4、その関係が
終わりかけてしまいそうになるのを留めようとする No.5、
時間の経過により培われた絆の深さを垣間見れました。

こうやって建物の中で人間は絶えず入れ替わって、
それでもこの空間は続いていくんだよなあ…。

しかし、ちょっと読みづらく思った箇所もありました。
時系列が(No.4・5含めて)前後しすぎというのもあるし、
BLが読みたいわけじゃないけれど、寮生ライフに
女性関係が持ち込まれると急に生々しく感じてしまって……。
(男子寮の現実なんてもっとアレでしょうけれど。)

でも山中ヒコさんらしさは同じと思えた作品でした。

*  *  *  *  *  *

というわけで以上、4冊でした。
| [その他]BL以外のコミック | 23:46 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:46 | - | - |