-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 非BLマンガ読了メモ@2009.10.09 | main | 『忘れないでいてくれ』/夜光花(朝南かつみ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
一点整頓主義
■ 明け方に予定クラッシャー ■

ちょっと悲しいことがあっておちこんだりもしたけれど、
週末にはやりたいことがたくさんあって私は元気です。

とキキのセリフを冗長にして報告したい週末の予定は、
DVD1枚を見て、CD(もちろんBL)2枚を聞いて、
ポケモン進めて、シャドウハーツ2も進めて、
立体ピクロスも頑張って、ゴールデンデイズ5〜8を
読んで、その他積読本消化という充実ぶり。

……のつもりだったのですが、明け方に物音で
目が覚めてしまい、寝ぼけた頭で何かと見まわしたら、
本棚から本がなだれ落ちておりました。

一人暮らししていたときにオサレでスタイリッシュ(笑)な
本棚を買ったんですが、オサレゆえにあまり本が入らず
(一人暮らしのときはあまり本を買わないようにしていた)、
無理無理に詰め込んでいたので、ストを起こされ
崩壊されてもしょうがないか……ということで、
取り急ぎ朝からホームセンターに行って、
カラーボックスを買い本棚と差し替えました。

■ 真昼間にも予定クラッシャー ■

これで終わり!と行かないのが本の整理なんですよね。
完結したマンガ、すなわちアイシールド21と
しゃにむにGOをどこに配置するかを
悩みはじめてしまったのが地獄の入り口でした。

読みたくなったらマンガ喫茶で読めるのだし、
いっそ処分してはどう?と整理の天使がささやく。

マンガ喫茶で武蔵萌え!白黒コンビ萌え!なんて
ニヤニヤしながら読めるのか?という疑問がよぎる。

いや、処分しないとまたすぐにパンパンになってしまう!
と考え、最後に読み直そうと1巻を手に取る。

面白さを再認識、x時間経過していつの間にか夜、
部屋はぐちゃぐちゃ、足の踏み場も無い。

とりあえず苦肉の策で天井裏に保管に決定し、
他の本も整理して棚につめこんでいく。

そして今に至ります……ああ、今日という一日を
再読と本の選定だけに費やしてしまった。
本棚め、連休にストを起こすとは、孔明の罠か!

ただ、時間をかけただけあって凄く綺麗にはなりました。



ケータイで1度で撮ることは
できなかったので、上半分と
下半分を分けて撮ってみました。

上から少年マンガが1段、
少女マンガが2段めと3段め、
下3段は青年系のマンガです。

アイシー、しゃにGO以外にも
天井裏送りにした本や、
ドナドナ本もけっこうあるので
まだまだ余裕があります。


まあ、また埋まるまでなんて
あっという間なんでしょうけど。

ちなみにこの棚は非BLオンリーです。
(BLは扉つきの本棚に入れている)
突然家を出ている兄が帰ってきて
この本棚を漁ってゆくからです。

BLの棚も見てはいるんでしょうが
無視してくれるだけましかも…。



■ 順番・位置クラッシャー ■

ただ、やっぱり許せないことはあるんですよね。
別に勝手に読まれるのはもう気にしないんですが、
本を出しっぱなしにされるのは許せない!

この辺って本の貸し借りと感覚が似ているというか、
どこまで許せる許せないが人によって大きく
変わるところだと思うんですけれどね。私が許せないのは、

・破損される、無くされる
・順番や位置を違う順に置かれる
・本を出しっぱなしにされる
・カバーを外される(新刊だと丸まっちゃう!)

なんですが、2〜4にかけて兄は常習犯です。
わかりあえない人間っているな、と
幼い頃に気づかせてくれやがった人です。

とはいえ私も帯の有無や折れは読めればいいか、
という性格なので本当に細かい方には
そうとう無神経に映りそうですけれど。

その証拠に床に本が積まれている状態で
なにひとつやりたいことリストを消化できずに
寝ようとしている現在の私なのでした。
明日は…明日こそ……!
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 01:16 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:16 | - | - |