-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 一点整頓主義 | main | 『僕の頑固オヤジ』/三好ひろみ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『忘れないでいてくれ』/夜光花(朝南かつみ)
あまりに掃除が終わらないので、昨日は丸一日PCに
さわらない日!と決めて掃除を断行しました。
なので日曜なのに更新サボってしまいました。

残念ながらまったく一日中さわらないことはできず、
ほんのちょこっとさわってしまいましたが、
なんとか床は見えるようになり、すっきりしました。
部屋の隅に積んである雑誌とかドナドナ本とか、
机の上の読了後未分類(ドナor保存)本は見えません。
見えないったら見えないんだから!

さて、上のは欺瞞ですが、以下は本当に記憶を
操作できる能力の持ち主が受の話でした。
面白かった!それでは以下ネタバレ少なめにて。




『忘れないでいてくれ』/夜光花
幻冬舎コミックス (2009/09)
【Amazon】




☆あらすじ
他人の記憶を覗き、消す能力を持つ守屋清涼(せいりょう)。
見た目に反して豪放磊落な性格の清涼は、
その能力を活かして生計を立てていた。
ある日、目つきの鋭い秦野という刑事が突然現れ、
重要な事件を目撃した女性の記憶を消したと
なじってきた。その仕返しに秦野の記憶を覗き、
彼のトラウマを指摘してしまう。激昂した秦野は、
清涼を無理矢理押し倒し蹂躙してきて……

*   *   *   *   *   *

『凍る月』シリーズのようなファンタジー系や
『それが愛なのさ』のようなコメディ系など、
幅広い夜光さんの作品ですが、やっぱり、
サスペンス系がいちばん面白いなあ!

あらすじでは書かれていないのですけれど、
このあと清涼は、気まぐれでとある捜査の協力を
したところ、自分の能力が発現した事件との
リンクを見つけ、犯人を捜索するように
なりますが、一筋縄ではいきません。
緊張感があり、引き込まれてしまいました。

また、それが秦野と衝突する原因にもなりますが、
ひとの記憶を悪びれずにいじる清涼が実は脆く、
過去に捕われているように見えた秦野が強くて
真摯に清涼を救おうと尽力するさまも
しっかり見せてくれて一石二鳥なのです。

そして、二人が惹かれあう理由がとても
納得のいくものだったのがよかったです。

秦野からみれば、トラウマを知られてしまったものの
清涼がそれを受け入れているところであり、
清涼からみれば、思考が読めるのを知られていても、
秦野が「心」から自分を好きだと伝えてくるところ。
互いにとって一番ネックになっていたところを
受け入れられているがゆえに、相手に惹かれるようになる…
非常にわかりやすくて胸にするりと落ちました。

ちなみに秦野は年上(…だったと思う。年齢が
はっきりと出ていなかったような)なのですが、
愛情表現にワンコ系のストレートさがあって可愛い!
仲直りが薔薇とケーキってどこの少女マンガの
ヒーローだよ!(笑) だがそれがいい。

エロもばっちりで、リンクスにしてはかなり量が
多めでした。えーと目分量で五分の一ぐらいかな?
(一応計測中…)約50ページ強、ページ数が
約250ページだから当たってる!(こんな能力いらん!)
ゴーカン/慰め/ラブラブと状況は
色々なので飽きはしませんけれどね。


もうひとつ面白いことに、口絵がカラミどころか
メインカップルでもなく、清涼の友人の塚本と
その彼女・黒薔薇さん(♀)が登場します。
型破り!と思いましたが、読んでみれば納得、
ふたりともいい味を出している脇役でした。
ほかにもいい脇役がいたのでシリーズ化も
できそう……というかやってほしいです。

今年の夜光さんの作品の中でもベスト、
イコール年間ベストに近いやもしれません。
オススメです!

P.S.
しかし一番やっちゃいけない人名誤植を発見。
重版がかかるようだったら直してほしい…。

修正!修正!さっさと修正!
| [BL・小説]夜光花 | 21:13 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:13 | - | - |