-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『忘れないでいてくれ』/夜光花(朝南かつみ) | main | 他人を見てもなおせません >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『僕の頑固オヤジ』/三好ひろみ
忙しくなる予定がなくなったはずなのに、
なぜかまた忙しくなってしまいました。

「私もXX年以上この仕事をやってきましたが、
こんなのは初めてです…」とベテランの営業さんに
言われてしまうほどの二転三転ぶり。

あー、年下にも敬語を使うオヤジって萌えだわ、とか
考えてる自分が言うことじゃないですけれど、
……ふっきれてから計画した、私のJ庭プランを返して!
なんかすっきりしないなあ、むむう。
まあ、未来を見据えて頑張ろう……サーブ、
スマッシュ、ボレー、ベストをつくせ。

というわけで深夜更新になりました、
ひさしぶりのゲイコミ普及委員会だよりです。




『僕の頑固オヤジ』/三好ひろみ
オークラ出版 (2009/10/10)
【Amazon】


☆あらすじ
陶芸家・滝の家で働くことになった家政夫の良。
気難しい滝に理不尽に怒鳴られることもしばしばで、
ある日とうとう絶えられずに爆発してしまう。
しかし、それがきっかけで本心に触れ、
不器用な誠実さに引かれてゆくが……

*   *   *   *   *   *

ゲイコミってほんとうに普及しないよなあ、と
思うことがしばしばです。現時点で定期的に
コミックスが出ているのは古川書房(爆男系)か
オークラ出版(肉体派系)しかないんですもの……。

しかも古川書房の系列のアンソロジー「GBless」が
おいくらかご存知ですか、1400円ですよ!
値段が高い→買えない→部数が減る→印刷数を
減らす→さらに高くなるというインフレが
目に浮かぶようです。コミックスも1000円以上と
いくら好きでも躊躇せざるを得ない価格です。
Amazonにも新刊は入らず、マケプレは出版社から
直で買うというアナログだかハイテクだか
よくわからない状況なのです。

まあ、そんな状況の中でオークラ出版の
肉体派系列はすごく頑張ってると思います。
池玲文さんや鬼嶋兵伍さんを表紙にもってきたり、
擬人化や3P以上をテーマにしたりと、自分の中では
肉体派でないアクアより頑張ってるんじゃね?と
思う今日この頃なのです。
(応援したいからなのかもしれませんけれど……)

けれど単行本化はやっぱりBL以上に遅いわけでして、
そんな中で好きだった作家の単行本が出るってだけで
嬉しい気分になるのはいたしかたないことでしょう。

……というわけで前置き長かったですが、
嬉しい三好ひろみさんの作品なのです。

絵はゲイコミにありがちな荒さも感じられますけれど、
ちょっと荒っぽく描かれたヒゲや筋肉やオヤジ、
しっかりと描かれている性器や体毛(は話によりけりですが)、
それらが私は好きなんだ……好きなんだ……!
大切なことなので2回言いました。

で、この作家さんの特色なのか、カップリングの
どちらかが高確率で三白眼ぎみできつい顔なのですが、
強面なのに表情が豊かなのも好みなのです。


また、カップリングも表題作の家政夫×陶芸家のほか、
部下3人×上司(4Pです。酔っ払ってのグダグダ行為なので
3P以上作品に入るか微妙)、ガテンの後輩×やもめ子持ち先輩、
忍者や武将などなど、よく言えばバラエティに富んでいます。
悪く言えば統一感がないですがアンソロだから仕方ない気も…。

ストーリーは奇抜ではないものの、これ何十年前の
少女マンガ?という古さはないですし(ゲイコミって
ときたま信じられないほど古いものがある…)、
BLよりのものも多く、クセはさほどないため、
読まない方もかなり読みやすいかと思います。
少なくとも先月のたがめせんせーの『髭と肉体』よりは。


半分近くがゲイコミ事情についての話になりましたが、
表紙で大丈夫そうだったらゲイコミ普及のためにも
挑戦してみてはいかがでしょうか。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 02:07 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:07 | - | - |