-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 他人を見てもなおせません | main | 『花芽と狼』/須和雪里(紺野キタ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『僕のセクシャルハラスメント 輪舞』/桃さくら(北上れん)
ものすごーく長い時間を睡眠に費やしてしまいました。
昼寝が昼寝ってレベルじゃなくなってきています。
(午後2時-7時をほとんど寝てしまう勢い)
なんなんでしょう、この眠気は……。

おかげでJ庭カタログ確認が全然進んでいません。
オのつくゾーンだけ先に終わらせましたが、
全体が見終わるのはいつになることやら。
あと1週間、頑張らねば。

さて、誕生日にトンデモアワーってのもどうかと
思いますが、やっぱり書かずにはいられない、
そんなトンキワでした。以下、感想です。




『僕のセクシャルハラスメント 輪舞』/桃さくら
ビブロス (2005/9/19)
【Amazon】

☆あらすじ
狂おしいほど憧れ愛した最高の企業戦士・本間と訣別し、
新たな道を歩み始めた望月。本間を忘れようと再会した
かつての後輩・藤田の興した会社で働く望月は、
藤田から再度熱い想いを告げられ付き合うことに。
しかし、そんな矢先に藤田の会社に危機が訪れるが、
そこに救いの手として現れたのは、あの本間で――

*   *   *   *   *   *

『僕の〜』1巻からの経緯を大まかに書きますと、
1巻のラストで企業戦士の道を進むことを決意した望月は、
2巻でもさまざまな男に抱かれて邁進しますが、
本間が望月に執着する男を追い払うやり方を見て、
迷いが発生して本間と決別したのです。

うーん、それは企業戦士の定義がおかしい時点で
気づくべきだったんじゃないかな?と思うんですが、
望月は非常にセックスへのモラルがないため、
そんな疑問は無効化されてしまいます。かわりに、
普通嫌でしかたがない「好きでもない男に抱かれる」は
さほど苦にならず、別のところで分かれたのです。

つまり、『輪舞』の始まりの時点でずれているのです。
独占でない(と受が思い込んでいる)状態から、
独占される(のが明らかになる)状態に移行し、
ラブラブとなるのが定石なはずなのに、
2人にとってはそんなことは重要ではないのです。


その後、望月は藤田と付き合うようになっても、
必要ならばセックス込みの仕事をためらいません。
普通BLは肉体と精神のベクトルが同一へ向かうのに、
望月と本間はまったく逆へ進むんですよね。

だから、普通なら当て馬から攻に昇格するまともな藤田が
選ばれず、自ら仕事にセックスを利用し、必要ならば、
望月にもセックスをさせる本間を選んでしまうのです。

類は類を呼ぶもんなのかもなあ…って、
最初からなんも変わってないじゃないかこいつら!
まっ、まさか、それが輪舞(ロンド=同じ旋律を
何度も繰り返す)っていう意味だったのかーー!?
激しく何かに負けた気がします。

企業戦士は枕営業をするもんか?という真っ当な
疑問は残るものの、一棒一穴主義のBLに対して
BLの皮をかぶったアンチBLのような作品だなあ、
というのが精一杯の感想です。

傍から見たら壊れているのを一切直そうとしない態度、
そういや『DEAD END』もそんな話だったな……。
変に癖になっちゃいそうで怖いです、この人の作品。


オススメはしませんけれど、三風ぐらい変わったBLを
読みたいときにはぜひ挑戦してくださいませ。

P.S.
OVAも気になってきた……!
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:37 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:37 | - | - |