-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『僕のセクシャルハラスメント 輪舞』/桃さくら(北上れん) | main | 『恋愛・教師―Color of Snow』/西江彩夏(麻生海) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『花芽と狼』/須和雪里(紺野キタ)
以前、わざわざ、わざわざアニメイトくんだりまで
出かけたのに、なぜか在庫がなかった榎田さんの新刊を
今日、最寄り駅のいつもの本屋さんでようやく買えました。

本末転倒なわけではないですが、オタク御用達、
というイメージのあるアニメイトになくて、
在庫がないと踏んでいた一般書店にあるって不思議だなあ。
これだから確実なネット書店で買っちゃうんですよね。
で、余計なものまでぽちってしまうのです。
流通とはままならないものでござるな。

さて、去年から読むようになった須和さんが
完全新作、しかも時代ものを出す!ということで、
大いに期待をよせたこの作品ですが、
メインはBLではありませんでした。
以下、感想です。



『花芽と狼』/須和雪里
蒼竜社 (2009/10/19)
【Amazon】





☆あらすじ
「俺を奇妙と云うが、人間よ、おまえたちの方こそが、俺には奇妙だ」
時は平安のある冬の日。瑞調寺の阿闇梨・冬弦のもとに
修行時代に知り合った聖、慈徳が幼い子供を連れて訪ねてきた。
稚児にしないかと言うのだ。子供は汚れてはいたものの、
愛くるしい顔立ちをしている。しかし、瑠璃若と名づけた子供が、
人には見えない銀灰色の妖狼・ウロを連れていることを知った冬弦は…。

*   *   *   *   *   *

平安の終盤、1164〜1165年にかけてのお話です。
年号まで書くとはいやに詳しいな、と思われたかも
しれませんが、須和さんのあとがきに書いてあったのです。

BLのあとがきは作者の近況なり、カップルの話なり、
あと何ページあるどうしようネタがほとんどですが、
ほとんど平安時代のことにしか触れていません。
はまってるのでしょうねえ、須和さん……。


さて、「さもホントっぽいけど信じちゃダメ」と
ご本人は仰っていますが、平安時代への思い入れと
もともとの文章の上手さが組み合わさって、
よい平安時代小説になっていると思います。

そして、舞台が「寺」なので、おのずと僧たちの話が
メインとなりますが、そこで男子寮BLみたいにはならず、
はっきり言ってBL<説話集となります。
なんと冬弦と瑠璃若はくっつきません。

それよりも、どうしようもない人の業の深さ、この世の儚さ、
そして愛おしさ…そんなものを伝える内容となっています。
これがじわじわほろりと来る内容なんですよね……。

特に、西行法師が人造人間をつくるという、
実際の説話とからめた話の余韻は絶品です。
BLと関係ないのにじんわりと来させるとは、
さすが須和さん、このへんはお変わりなく嬉しいなあ!


あ、まったくBL要素が無いわけではなく、
冬弦と別の稚児がひっつく話もあります。

ですが、それにもBLのため!という感じはありません。
そう感じるのは、「影法師が泣いている」となどと同様に、
近いけれど遠い存在であるウロを通したりして距離を置き、
外側からの視点で描かれているからだと思います。

でも、それでもコミカルなセリフや2人の純情さに
ふわっとした余韻を残したりもするのです。
(アホだの馬鹿だのを会話文で使っていても気にならない)
うーん、やっぱり須和さん好きだなあ。


こう、もうちょっとBLぽくってもと思いますが、
JUNEのカオスな時代ってこうしたなんでもありな
世界だったのかなあ、と思うと、BL単色な今よりも、
幸せだったのかもしれないなあと思いました。

BLを読む気持ちではなく、「なーむー」と唱え、
心の平安を祈りたい気持ちの時にオススメします。

P.S.
これの前に読んでいたのがはるひんのダリア新刊で、
久しぶりの濃ゆーい長ーいはるひんの
エロ描写だったため、より心に響きました(笑)
| [BL・小説]須和雪里 | 00:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:24 | - | - |