-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『花芽と狼』/須和雪里(紺野キタ) | main | 4回目でも新しいことはたくさんある。なJ庭レポート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『恋愛・教師―Color of Snow』/西江彩夏(麻生海)
よっしゃ今週終わったー!
で、午前中だけだけど月曜休みゲットー!
(さほど無い)全力でJ庭だー!
いやあ、嬉しすぎてハイってやつだ!

でも明日はそのために、やり残しているカタログチェック、
マップの拡大コピー、人に渡すものの準備、
必要な持ち物の整理、図書館に本の返却……(最後のは定例)。
色々とやっておかなきゃいけないことがたくさんです。

でもこういう準備が気持ちを盛り上げるのよね、
という気もします。とりあえず、
やりはじめればやる気になるんですよね。
うん、楽しいことだから頑張れる。

さて、今日の作品はハイテンションの気分と裏腹に、
かなり沈重な内容でした。でも面白い……不思議。
以下、感想です。




『恋愛・教師―Color of Snow』/西江彩夏
リブレ出版 (2009/10)
【Amazon】


☆あらすじ
雪が降る夜、佐々井は恋人に振られて混乱する年下の同僚の
井瀬崎に抱きしめられていた。井瀬崎は、普段は温和で優しいが、
同性の恋人の存在を知る佐々井を避け続ける片想いの相手。
嫌っているくせに、佐々井は必死に縋る腕の強さに拒むことができない。
彼に触れてもらえる嬉しさと罪悪感を素直になれない態度に
隠したまま、佐々井は体を重ねてしまうが―。

*   *   *   *   *   *

西江さんといえばあの「山田」を書いた人ですが、
この作品では攻めも受けも恋愛下手、というか、
恋愛に向かないキャラクタだなあと思いました。

真面目すぎること、恋愛にのめりこみ執着するのを
(それぞれ違う理由だけれど)恐れたりすること。
恋愛経験値に乏しいゆえかもしれませんが、
告白してすぐつきあって、という性格でない2人なので、
物語の動きも激しくなく、どこで攻が同情モードから
ラブモードに切り替わったのかもわかりづらいほどです。

しかし、エピソードの重ねがけがそれを補い、
だんだんと顔を見たい、会いたい、一緒に出かけたい、
相手を知りたい……と傾いていく攻が見られるようになります。

この重ねがけが凄く上手いのです。
「俺屍」でいえば梵ピン×3陽炎×3!くらいに強力です。
(たとえがマニアックですかね…)

近づきそうも無かった2人がいつのまにか近くにいて、
真摯な態度で互いに接するうち、大切な存在になる。
その過程を客観的に冷静に描きつつ、
言葉にすると陳腐になってしまいそうな、
もどかしい感情をこまやかに見せてくれています。

それゆえに、いったん別れるという考え方や、
気持ちはとめられないという当たり前の感情も、
唐突に感じず、とても心に響きました。


これだけ沈重なんだから後編はイチャラブだろう、と
思っていたら、遠距離恋愛、そして苦いテーマつきです。
これはまたもどかしくて、やりきれない感情が残ります。

あ、面白くないことはなく、面白いんですけれど、
井瀬崎の義理の兄でもある元恋人が、一見平穏なのに、
静かにダークサイドへ墜ちていたのが悲しいのです。
その一方、井瀬崎は佐々井とベクトルが合って、
ダークサイドへ墜ちずに済み、愛を育んでいるのを見て、
恋愛の執着ってベクトルが合えばいいけれど
合わないと怖いなあ、と思った後編でした。


爽快でもなく、出会いや過程が派手でもなく、
確実に萌えは(自分にとっては)ないですけれど、
違う次元で面白かった作品でした。

P.S.
J庭、西江さんのスペースもあるんですよね。
商業の番外はなさそうだけれど、他のも読んでみたいな…。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 00:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:30 | - | - |