-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2009年11月新刊購入予定リスト | main | 許可証>ゲーム>同人誌>商業誌 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『奥まで暴いて』/バーバラ片桐(虎丸)
いつのまにか、このブログも丸4年を数えました。
毎年言っていますがこんなに続くとは思わなかった…。

そのわりに、こうやってブログを更新することが
日常化して、それこそ空気のようになってきたため、
特別な何かをしよう、という気は今のところありません。
(突然空から何かが降ってくるかもしれませんが)

いつもどおりにつつがなく、をモットーに
これからも続けたいと思います。
これからもよろしくお願いいたします!

さて、5年目1発目はトンデモです!
とうさん、ぼくは4年前からずいぶん遠くへ来たよ。

オススメくださったTさん、ありがとうございました。
こいつはヤバイトンデモでした。以下、感想です。




『奥まで暴いて』/バーバラ片桐
マガジンマガジン (2003/03)
【Amazon】

☆あらすじ
周りから『眼鏡くん』などと呼ばれる守岡は、真面目で大人しく
目立たない高校生だが、実は春になると裸にコート一枚の格好で
外に出て女性に「ほーら、ゾウさんだよー」と自分のピンク色のモノを
見せたくてたまらなくなってしまう、露出行為のトリコだった。
すっかり癖になってしまった趣味を満足させるべく、
サングラスと花粉対策用マスクで顔を隠して夜道に潜んでいた彼だったが、
うっかり自校の世界史教師・足立の前に飛び出してしまって…!?

*   *   *   *   *   *

ピアスノベルスでしかも虎丸さんが挿絵という時点で
わかるひとにはわかってしまうヤバさだと思いますが、
超突き抜けているトンデモでした。

かなりヤバイ性癖なのに「ゾウさんだよー」なんて
とんでもなく脱力系の言葉にマホトラされるも束の間、
青姦、奴隷扱い、授業中に性器を出させ自慰させたあとに
教科書読みをさせる、放送室でいたすなど、
教師・足立はノリノリでそれにのっかります。

そしてそれを喜んでしまうドMで露出趣味のある受、
それをさらによいと思ってしまう足立。
この変態インフレスパイラルは奇跡的相性の賜物でしょう。

驚くことに、ここまででまだ77ページですからね!

2話めはレインコート一枚で呼び出し→痴漢プレイときて
男子トイレでのセックスになだれこむコンボなど、
あえぎ声が無いページのほうが少ないんじゃないの?という、
これでもかこれでもかというエロの連続技です。

ここまでだったらはいはいエロで疲れました、
朝からこんなの読むんじゃなかった、という
ところなのですが、最後に爆弾が待ち構えておりました。

それが、全裸オブジェ。
攻めの結婚式(なんちゃって結婚式)を邪魔しようと、
やけっぱちになった受け、怒鳴り込むだけでは
「インパクトが弱い」と考え、男体盛りを凌駕する、
オードブルをのっけようという作戦です。

……わかっちゃいたけど、変態だーー!

正直この全裸オブジェ作成について詳細に
6ページ費やすぐらいなら、もっとさあ!
なんかあるでしょうよ!というツッコミを無視し、
攻めはなぜか喜んでしまいます。
ああ、なにかに負けたけど負けでいいや。


ちなみに、あとがきがとても面白かったです。
「白衣一枚でドキドキしながら『ほーら象さんだよぉ』なんて
他人に見せびらかしたいという甘美な衝動を抑えきれなくなる受の話!
ああ、なんてかわいらしいのかしら〜。」(p.241)

「先行する綺月陣さんの「獣」シリーズでも、どんどん
エスカレートしていくエロに、毎回「す…すげえ。どこまで行くんだ、
この人たち……」って仰天しながら熱くエールを送っていた」(p.243)
…この変態っぷり、尊敬するわ。


「エロがあればなんでもあり」がピアスノベルスの
印象でしたが、さらなる追求によって、
「エロのなかでもなんでもあり」となっていました。

1冊でこれだけ詰め込んでるのはすごい!と思うか、
くだらねー!と思うかは人それぞれですので、
オススメはしませんが……変質者好きの方はどうぞ。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:47 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:47 | - | - |