-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 許可証>ゲーム>同人誌>商業誌 | main | はじめての体験と10月の読書メーター >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『はつ恋』/榎田尤利(小山田あみ)
最近はちょっとしたついてないこと続きなのですが、
今日はなかなか痛手なことが起きました。
いつもBL本を売りに行っているお店が買取中止……。
閉店ではわけではないのですが、困ったなあ。
ブクオフだとBLの適正値段で買い取ってもらえないし、
かといって池袋まで重い本を持っていきたくないし…。

ああ憂鬱だなあ、そのお店から駅へ帰る途中、
駅前で露店のようなものが開催され賑わっており、
ひとが落ち込んでるのに癇に障るなあもう、
と苛立っていたら、飴のお店の前で、
「男二人でりんごあめっておかしくね?」
「いいじゃん食べようぜw」
とイチャコラこいてる高校生を見てテンションアーップ!!
全然おかしくないよ!ありがとう高校生&露店!

でも真剣に買取について考えなくては…うむむ。

さて、今日は久しぶりに読んだ商業BL小説です。
引き込まれた…!以下、感想です。




『はつ恋』/榎田尤利
リブレ出版 (2009/10)
【Amazon】

☆あらすじ
事故が原因で2度目の高校生活を送る久我山。
大人びて冷めた瞳の久我山に、担任の曽根は親身になってくれる。
うっとうしい教師だったはずの曽根を知るにつれ、
その甘い声をもっと聞きたくなってしまう久我山。
胸が痛むほどのこの想いに名前があるとすれば――恋。
しかし曽根には恋人がいるうえ、自分はただの生徒にすぎないと知り…。
それでも彼を守りたい。未来を変えるために、今、恋をする。

*   *   *   *   *   *

あらすじにいっぱいくわされた…2度目って
いうから現役でない生徒×教師だと思いきや、
中身はタイムスリップ(以降TSと略します)してしまった
31歳弁護士の生徒×TS前の世界で既にいない教師じゃないか!

しかし、このあらすじのミスリードは上手いと思いました。
だって、TS前の久我山は、お前が主人公なら
読みたくないぞと思わせるキャラなんですもの。
あらすじのような恋をする男にどう繋がるかまでは
最低限読もうかな、と思わせてくれたからです。
ネタバレにもならず引き止める力もある。
いつものリブレらしいも使われてなくて好印象です。
って、あらすじレビューですね、これじゃ。

で、今か今かと変化の瞬間を待っていたのですが、
先にTSしたあとの描写に引き込まれました。
昔の17歳の自分と別に存在するのではなく、
昔の体に31歳の意識だけがTSしてしまったため、
「31歳でありながら高校生」なギャップが上手い!


キモいなどの新しい言葉は変な目で見られて使えないし、
法律が施行されていないから現在の専門知識は使えない、
などの制約がある反面、大人になったからこそ
周りやひとが見えるようになり、また、
恋のきっかけも自分が変わったことから発生します。
「もし同じ人でも中身が違ったら」なんて
仮定の中でのリアルさが素敵でした。

(本でもそうなんですよね、
昔は楽しんで読んでいた本が楽しく読めなかったり、
逆に面白くないと思っていた本が面白かったり…。
自分は変わっていないつもりでも色々変わってるんでしょうね。)

で、恋をしてからはギャップに萌えた……!
これがあのキャバ嬢とやれなくてイライラしてた男とは
思えないくらいに純真になってしまって、
その様子にキュンキュン(キモい)してしまいました。
落差が大きいとリスクも大きいけど萌えも大きいなあ!


しかし、萌えた反面、ラストはどうするの?疑問符が。
まさか悲恋じゃないよなあ、と思いつつ、
しかし「永遠の昨日」の著者でもあるからなあと
はらはらしながら読んでいたら、快速急行で
ハッピーエンドでした。よかったけど早いよ!

…まあ、過去を変えた時点で、元の世界ではなく、
別のパラレルな未来へ帰ってきたのだと思えば
この急展開もOK…かな。この未来では、
2人にとっては「はつ恋」のやり直しになるんだものね。

強引だけど、バッドエンドよりは良いと思うし、
タイムパラドクスは考えたらきりないのでやめときましょう。
私、辻褄とか考えないので終わりよければすべてよし!

SSでは、新しい未来での曽根の略歴とそのあとの
2人を見れて、ちょっとすっきりです。

17歳と24歳の恋でもあり、32歳と40歳の恋でもあり、
この先もずっと続く恋だといいなと思った作品でした。
| [BL・小説]榎田尤利 | 22:34 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:34 | - | - |