-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 僕セクOVAに挑戦してみた | main | 『Hard to hold』/暁由宇(石原理) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『窓際の林檎ちゃん』/恋煩シビト
最近図書館&マンガ喫茶によく行くようになったためか、
本への所有欲が若干薄らいできたように思います。
読書欲はたいして変わらないんですけれど、
買わずに済むなら部屋の空間とお財布に優しいので。

というか今日も両方に行ってしまいました……。
図書館は予約すれば広範囲の本が手に入るし、
マンガ喫茶はゆったりとしたソファでも値段が変わらず、
喫煙席がガラスで隔てられていて匂いが気にならず、
8階にあるので明るくて外の景色がよく見え、
ドリンクバーのコーヒーもそこそこ美味しくて、
なおかつあまり客がいない(田舎だから?)なんて、
天国としかいいようがありません。

狭いために読みたい本が無い場合も多いけれど、
そのときは適当に棚を眺めて気になる本を読めばいいし。

このまま所有欲を減らして、部屋の本も
リストラクチャリングできればいいなあ……、と
本がごちゃごちゃに積読棚を眺めながら夢想するのでした。

前置きが長くなりましたが、それでもとっておきたい本は
あるわけで…この本もそんな本になりました。
擬人化、面白いな!以下、感想です。




『窓際の林檎ちゃん』/恋煩シビト
ふゅーじょんぷろだくと (2009/10/24)
【Amazon】



☆あらすじ
パソコンを購入するために家電量販店を訪れるユーザー。 
窓川ゲイツと林檎田ジョブズ、2台との同棲生活に夢が膨らむ。 
マジメで従順、偏食なしだけど少し病気がちな、至極フツ〜の窓川。
お洒落大好き、ワガママ美男子林檎田。
こんなに正反対な2人が仲良くなれるの…!? 
パソコン、食べ物、ホテルといった擬人化ネタを中心に8編収録。 

*   *   *   *   *   *

すごく擬人化ものが面白かったです。
と感じたところで、擬人化の面白さって、
なんなんだろう?と考えてみましたが、

<人格の存在しない「もの」に、ものが持つ特徴から
属性やキャラクタを作り出して、他の「もの」との
関連性を見出して、いちゃこらさせる。>

これに尽きるのかなと思います。
人形ごっこにも似た、二次創作と通じる面白さというか、
腐の持つ妄想世界と非常に親和性がありそうですよね。
だからこそ鉄道や国がはやってるんでしょうね。

けれど、「もの」の素材は誰が見ても同じなだけに、
特徴が多い素材であればあるほど、どの特徴を
生かすのかが難しいのかもしれません。

たとえば、擬人化のアンソロジー『ニッポン擬人化』でも、
「県」というものがもつ特性に、県民性、地理、歴史、
経済、県の特定の人物、と色々な側面があるわけで、
そのコンセプトが統一されていなかったのが、
あまり成功例とは言えない一因だったかと思います。
(ヘ○リアは<国民性、地理、歴史>って感じですよね。
ちなみに私は土×希(リバも歓迎)が好きです)

こう考えると擬人化をきちんとした話にするのは
難しい気がします……それに、もの同士の絡みなのか、
それとも人間も絡む話なのかで好みもあるでしょうし。

しかし、もの同士の絡みも人間も絡む話も、
両方ともうまく描かれていたのです。

表題作ではPCを購入する主人公の妄想、という形で、
創業者の特徴、デザイン、能力、ユーザーから見た印象という
基本の設定からあるあるネタまで幅広く取り入れて
人間と擬人化したOSの関係を描いています。
PC同士なら妄想した輩もいるでしょうが、この構成は座布団3枚!
3Pものとしてもハイレベルです。

『心のこもった御持て成し』も、ホテルや旅館を男娼と
見立てて、泊まり客をもてなすという形で描いてあります。
まあ、ホテル/旅館は風俗ではないですけれど、
水商売ではありますから、納得です。
擬人化設定もよく作りこまれており、展開も面白く、
擬人化センス(というものがあれば)がとても私好みです。
というかこの話とトジツキさんのが好きで
Baby擬人化特集を処分できなかったくらい面白いです。

ほかにも、ビール×枝豆、ポリフェノール×悪玉と、
人間が絡まない描き下ろし擬人化もとても面白かった…。

何気なく商業誌未発表の真心シリーズも収録され、
満足度ばっちりのコミックスでした。

| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 21:15 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:15 | - | - |