-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『窓際の林檎ちゃん』/恋煩シビト | main | 『萌え男子がたり』/アンソロジー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『Hard to hold』/暁由宇(石原理)
昨日の記事、非公開になっていました……。
寝ぼけていたわけでもないのに、
公開にするの忘れたのかしら。

忘れていたと言えば、今日の感想を書こうとして、
「暁さんの本はこれで通算」…えっと何冊目?と思って
読書リストを見たら、なんと8月でとまっていました。
読書メータをつけているせいで、ついうっかり、
リストのほうもつけているものだと思っていました。
勘違いって怖い!

リストはただいま読書メータが落ちているので
明日に持ち越しですが、暁さんの6冊目の本だと
わかったので、とりあえずの目的は達しました。

ということで、暁さんの6冊目も面白かったです。
以下、感想です。


『Hard to hold』/暁由宇
雄飛 (2001/03)
【Amazon】




☆あらすじ
スマートで流麗、そしてゲイの加納佑輔は『男』に飢えていた。
それは仕事が忙しかったり、たまたま今フリーだという事情が
重なったせいだが、とにかく、飢えていた佑輔は『あやまち』を犯した。
自らに禁じていた恋愛対象(身内・堅気・ノンケ)である芳賀寿(ひさし)の
体臭とキスとに誘惑され、堕落し、求めて…肌を重ねてしまったのだ。
後悔しきりの佑輔だったが、その後もマイペースに
迫ってくる寿のことが気になり始めて……

*   *   *   *   *   *

暁さんといえば「SM」と言っても過言ではないと
思うのですが、年下攻めとしても白眉です。

よく考えてみればそれもそのはず、SMと年下攻めって、
とても近いものがあるんじゃないかとこの作品を
読んで思いました。特定の状況下において、
普段のバランスが変化し逆転するからです。

まあ、特定の状況下っていうのは、基本的には、
夜だったりベッドだったりと性的な面において、
という意味合いが強いのですけれど、
夜の面だけでもなく、精神的な面も大きいのです。

生真面目で不器用な年上の受が精神的に行き詰ったとき
(受の佑輔はデキるんだけどよくテンパるんだこれが)、
いっけん役割として支配するようにふるまい、その実、
それは受を解放する年下の包容力である、という構図は、
やっぱりSMのそれと酷似していると思います。

このやわらかい年下攻の支配と、年上受の解放。
年下攻の醍醐味のひとつを味わいました。
(ワンコも年下攻の醍醐味のひとつですけれど、
それとはちょっと異なりますね。)


また、性的なシーンでSMがなくても面白いというか
自分好みの作家さんだなと思う箇所がありました。
1つめは「匂い」という言葉が度々使われていること。
なかなか「汗の匂い」「男の匂い」を描写する作家さん、
いないものですから…(やっぱり元耽美なせい?)。

2つめは、攻めが乳首で感じるシーンがあるところ。
偶然このあとに読んだ年下攻作品でもあったんですが、
経験豊富な年上受に乳首をいじられて感じる攻めって
可愛くない!? 主導権をとれなくてうずうず、
悔しいでも感じちゃう!みたいのが受のデフォルトゆえに、
それが攻め側だと無性に嬉しくなってしまいます。


ただ、喘ぎがひらがなで「ひさし……」は……ねえ。
許可証シリーズと同じ(あっちは「ひろし……」)で、
つまらないわけじゃないし、現実味があるんだけど
なんとなくおかしみがこみあげてきてしまいます。

それぐらいしか気になる点はない、というくらい、
お気に入りの年下攻作品でした。
| [BL・小説]暁由宇 | 22:18 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:18 | - | - |