-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『Hard to hold』/暁由宇(石原理) | main | 『攻め気なあなた 2』/水無月さらら(佐々成美) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『萌え男子がたり』/アンソロジー
これがBLコミックにあたるかどうかと言われると
イラスト+萌エッセイみたいなものなので微妙ですが、
とりあえずこの分類です。

ところで、ようやくBL小説やコミックのリストが
現状に追いつきました。自己満足ですけれど、
けっこう過去を列挙してみると、冊数やら、
当時の気分が思い起こされて楽しいものです。
……精神的につらいときはトンデモが増えてるとかね!

さて、某書店で買うとポストカードセットがつき、
そのセットが2種類あるというあこぎな本だった
こちらですが、けっこう楽しめました。
以下、感想です。




『萌え男子がたり』/アンソロジー
ブックマン社 (2009/10/28)
【Amazon】

萌え男子は、女子の数だけ存在する!
52名のまんが家が語る、52通りの萌え男子像。

*   *   *   *   *   *

基本的にはBLではないんですけれど、
おなじみのBL作家がたくさんです。
知らない人=BL作家でない、というのに近いかな……
私も遠く遠くまで来たものです。

まあ、そんなこたーいいとして、女子の数だけ
萌え男子は存在する!と豪語しているように、
蓼食う虫もなんとやらのように、
萌え男子の種類は多岐にわたっています。

急進的なところでいえば、ぽっちゃり男子(彩景でりこさん)、
格差(人気アイドルとオタクデブ青年)男子(語シスコさん)、
女装マッチョ男子(岡田屋鉄蔵さん)などがありますし、
ベーシック、けれどマニアックな設定が光る、
リーマンスーツ男子(夏水りつさん)、
非おしゃれ眼鏡男子(中村明日美子さん)、
ちょっと嬉しいことにゲイコミ系からも
狼系ガチムチ男子(スズカケシュウジさん)、
漢だよ!番長リーダー格男子(松本いなきさん)、
スジ筋眼鏡男子(松武さん)登場しています。

マニアックかどうかの判断はさておき、
本人が好きな萌えツボを書いているためか、
その気持ちがとても伝わってきました。
やっぱり好きなものこそ上手なれなんですかね。

で。萌えというのは、感覚としてわかるけれど、
理論としてはよくわからないものという認識があるので、
他人の萌えはどんな風なのかと思い、
適当に分類して多かった順に並べてみますと、

1・外見的要素(天パ、ヒゲ、一重まぶたなど)
2・ギャップ(けだるげ、キャラ萌え、たまにメガネなど)
3・服装(エプロン、袴、アメカジなど)
4・精神的要素(ポエマー、ヤンデレなど)
5・関係性(お笑い、チームなど)
6・職業(特殊部隊)、年齢(枯れ、水泳<ショタ>)、その他

といったところです。これが「関係性萌え」について
語るんだったら別でしょうけれど。
まあ、服装も含めた外見的要素やギャップから
精神的要素へと繋がる語りも多いので、
単体萌えにおいても精神性が重要なのかもですね。
うーん、でもそれも卵が先か鶏が先か、の話に
なりそうですから結局よくわかりませんね…。

とりあえず、この本を読んでわかったことは、
眼鏡が予想以上に人気高いんだなということでした。

え、私ですか?私はヒゲとオヤジからもたらされる
くたびれ感が大好きです、もちろん。
(ヨネダコウさんの「疲れたリーマン男子」、
高緒拾さんの「ヒゲ男」が素敵だった……!)


フルカラーですから、数人好きな作家さんがいるなら、
イラスト集として買えば損ではないかもしれません。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 00:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:27 | - | - |