-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『萌え男子がたり』/アンソロジー | main | ついったーと感想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『攻め気なあなた 2』/水無月さらら(佐々成美)
昨晩から今日にかけてものすごく読書がはかどりました。

最近はゲーム主体の生活をしているためか、
つい読書は後回しになりがちだったのですが、
この2日間、なぜか途轍もなく集中できました。

出戻りしてから意識してBL断ちしたことはほとんどなく、
ずーっと毎日毎日読んでいたから、その習慣が
禁断症状にも似た集中力を生み出したのかも。

まあ、読んでいた本が面白かったから、というのも
あるんですが……とりわけ今日最後に読んだこちらが
とても楽しかった!水無月さららさん的な意味で。
以下、感想です。



右が受けだよ!でもリバるよ!
『攻め気なあなた 2』/水無月さらら
ビブロス (2001/03)
【Amazon】




☆あらすじ
オレ・花形譲は美貌の星野さんを攻めるため、日夜頑張ってるのだ。
ただでさえ忙しいのに、モデルの仕事を頼まれたり、言い寄られたり…。
スーツがこんなに似合うオレが、どうして攻になれないワケ!?
(男前なのに花形、とことんついてないのよねぇ…。)
えっ、何、かきおろしでは花形が星野さんを陥とすって本当!?

*   *   *   *   *   *

こんな口調のあらすじだから攻になれないんだと思うよ!
というつっこみはさておき、やっぱり私は水無月さんの
コメディとは非常に相性がいいんだ、と再認識しました。

水無月さんの面白さって、たとえばですけれど、
小林典雅さんのように楽しませよう、笑わせようと
追求して考えて、文章を綴っていくのではなくて、
「どーしてそーなる!?」「どーしてその描写が来る!?」と
思わせる、天然の面白さなんですよね。
(そこまで計算だったらもう崇拝に値する)

たとえば、花形譲が星野の精力に負けないようにと
飲むのは、バイアグラでもマカでもなくて、
お試し朝鮮人参ジュース815円なのです。
……その815円ってどっからくるのよ!?

しかも効果がなく、花形が意図せず見つけた自分にとっての
クスリはキウイだったというわけのわからなさです。
また、攻めにとっての受導入剤があのク○ープだったり、
「軽くオフィス・ラブをした。フェ○チオをしあった」
(ほんと軽いなおい!)という描写があったり、
ごった煮のようなこの水無月わーるど……。
カオスだけれど嫌いになれない!困ります。


とかく水無月わーるど(↑はかなり厳選してます。
ほんとはもっとあるんです!)に当てられがちですが、
テーマが攻×攻ゆえに、そのへんの感情のすれ違いや
譲りあいが前巻にもまして結構丁寧に書かれており、
攻×本としても楽しめました。リバもありますし。

ま、萌えたのはリバよりオヤジなんですけれどね…。
星野と知り合いになったスポーツジムの社長(62)と
その秘書(41)とのラブにめちゃくちゃ萌えました。

社長こと前田さんは肌は褐色髪はグレイ、
体はしっかり鍛えられた一見老紳士ながら、
星野と花形両方ともセックスしようとした好色だけれど、
気持ちを入れ替えて秘書を愛するようになり、
ノロケる……うわあ、なんて私好みのジジイ!
40にもなって恥らって声をあげないらしい秘書との
その続きをぜひ書いてほしいいいいいい!

おっと失礼、取り乱しました。
リバといいシルバーといい、ほんと商業誌では今でも
見かけることがほとんど無いネタを、よくもまあ、
8年も前に書かれていることで……木原さんとは別の意味で、
水無月さんも好きにやらせたら何をするかわからない、
そんな印象をさらに強く持った作品でした。

前田さんと秘書が付き合うようになるきっかけなんて
ほんとうにアホすぎて面白いので、シルバーラブ好き、
トンデモ好きはぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。
| [BL・小説]水無月さらら | 00:05 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:05 | - | - |