-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ついったーと感想 | main | 『幻の恋人』/大鳥香弥(三池ろむこ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『しのびごと』/松浦巽(青海信濃)
昨日の記事、なんとなく新井素子っぽい口調だな…。
読むとすぐに影響されてしまいます。

ところで、今日驚いたこと。
図書館へ予約していた本を取りに行ったところ、
ついでにぶらりと見ていた一般文庫のところに
椹野道流さんのメス花シリーズが置いてあったことです。

内容は過激じゃないしいい作品だと思いますが、
背表紙で篤臣と目が合ったときはちょっと
ぎくりとしました……せめてヤングアダルトの棚に
しのびやかにあってほしいと思った今日この頃です。

さて、今日の感想は「しのびごと」のくせに、
全然忍んでいなかったトンデモです。
(毎度毎度私好みのヘンな作品をオススメして
くださるTさん、ありがとうございます。)
それでは、以下、感想です。




『しのびごと』/松浦巽
オークラ出版 (2003/09)
【Amazon】

☆あらすじ
ホラー作家の由利宗彦とその彼で民俗学を
専攻する小此木武志は奇祭を取材するため、
とある寒村を訪ねることに。
しかし、彼らを待っていたのは、男衆だけで
行われる淫靡な秘祭で、由利はその秘祭の
「生け贄」の役を演じることになるのだが……

*   *   *   *   *   *

あれ、これピアスノベルスじゃなかったんだ、
というくらいフリーダムな印象の作品でした。

もともと由利と小此木はできあがっているので
出会い編は過去のあらましとしての描写はありますが、
ほんとにほんのちょっとだけですし、
由利は寒村で出会った女装少年にいかされたり、
村人に輪姦されたりと一般的BLを逸脱しています。

しかし、そのぶん、村にまつわる伝承や
民俗学的な要素を生かした「秘祭」については
2時間サスペンス仕立てでけっこう面白く読めました。
「かなまら祭り」でも象徴されるように、
生殖・繁栄を願う男根信仰が根付いている祭と
BLを組み合わせるとはナイスなミスマッチです。
(生殖を願うのに女人禁制って訳わからんけれど)

これでカップリングの片方が祭に密着した立場で、
もうポルノ成分を減らして、BLになるようにしたら
剛しいらさんが書きそうな話にも思えました。


しかし、剛さんがちゃんとBLに沿うのに対して、
この方の作品はBLに沿ってない……というか、
愛情表現に欠けている気がします。

前述したように、ラブが出来上がるまでの話がない、
攻以外とのカラミが多いなど…まあ、みんな祭りのために
ドーピングされた状態だからしかたないんですが、
描写が直截的で、メイクラブじゃないポルノなのです。

特に攻の小此木!いじめっこ体質で歪んでるからって、
縛り方の研究や、正体不明な植物の太根に感嘆するとか、
奇行がフリじゃなくてホンモノなので、
「愛してる」がしらじらしく感じてしまいました。
真剣なんだろうけれど、真剣なだけによけいに……。

そして、極めつけは裏表紙。
「今、ひそやかに男たちの祭りがはじまる―――」と
煽っているのに、なんでこのカット(↓)なんだよ!
(クリックで拡大します。背後注意。下部は良心に従いカット済)

ひそんでねーし

これは「かなまら祭り」がセーフなら、BLの裏表紙で
ふぐりが見えたってわいせつじゃないという主張なんだよ!
…ごめん嘘!どう見てもわいせつですフォローしきれません!

というわけで、この感想を見て買おうという人は
いないでしょうが、買うときはネットをお勧めします。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:14 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:14 | - | - |