-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『しのびごと』/松浦巽(青海信濃) | main | 反動は肩に来る >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『幻の恋人』/大鳥香弥(三池ろむこ)
な、なんとか日付が変わる前に帰れました。
非常事態発生とはいえさすがに眠いです。

でも、眠いとはいえ、会社で仮眠を取るよりも、
家にいったん帰ったほうが体がラクなんですよね。
お風呂にも入れるし、着替えられるし、
自分の空間で眠れるし、なにより、
もし朝起きたとき人に見られたら…なんて
周りを気にせずにBLで回復できますからね!
うーん、人生の特効薬だなあ。

というわりに、効くものと効かないものがありますが、
この作品はどちらでもありませんでした。(つまらないのではない)
以下、はっきりしない感想です。


『幻の恋人』/大鳥香弥
笠倉出版社 (2009/11)
【Amazon】



☆あらすじ
大学生の俊は、叶わない片想いをしている幼馴染みの信一と、
たった一度だけ身体を合わせたことがある。
酔い潰れて眠る信一に触れて、キスをして。
無理やりの行為だったけれど身体は悦楽を覚え、心は歓喜に震えた。
この記憶だけで生きていけると思った。だが、一緒にいればいるほど、
彼を好きな気持ちは募り、どうにもならなくなっていた。
そんなある日、信一から「女の子を紹介してほしい」と頼まれる。
それが、甘く悲しい嘘の始まりだった…。

*   *   *   *   *   *

あらすじのとおり、なるほど、「幻の恋人」とは
女装した受のことかと思っていたら、
女装していた受にとっての攻のことでもありました。

攻にとっての恋は、あったはずなのにもう二度と
存在を確認できない女性への幻の恋であり、
受にとっての恋は所詮嘘の中と知っていて、
あるはずがないけれどあるように感じる幻の恋。
似ているようで似ていない逆の恋の思惑が、
切なさを感じさせました。

しかし幻は幻であって、ふたりの幻は消え去ってしまい、
隔絶しあってしまった男たちがいるという無惨な状況に
陥ります。なんだかもう……つわものどもが夢のあとです。
片方はどうしていいかわからなくなり、
片方はさらに幻のような理想的な当て馬に
誘われてもまだ幻の恋を追いかけてしまいます。

受も攻も、女装やら熱烈なアピールやらをする気力が
あったんだからウジウジしてないではっきりしなよYou!
と思っちゃうほどのじれったさなんですが、
しかし、この打ちひしがれたあとのぐだぐだな展開が
現実的というか、けっこうに生々しくて面白いのです。

一度だけ、といいつつ女装をやめられなかったように、
受は一度だけ抱かれてキッパリはいさよなら、
というタイプではないので、ズルズルと引っ張り、
攻は悩みつつ、他の男には渡したくない気持ちと
体でほだされて、急遽受が恋の範疇に入ってゆく……、
うわあ、受が女性だったらよくみかけそうな話です。
(で、受が女性だったら絶えられなかったかも)

つまるところ、前半はBL的に面白い切ない女装もので、
関係が変化してからの後半は一途(執念とも言う)な
ねちっこさを感じる昼ドラ的な面白さがあるのだと思います。
こういう可憐さと図太さを感じさせるBLって珍しいかもです。


ただ、前作もそうでしたが、関係が変化してからの
攻の変わりようがかなりのもので、しかも、
今回は 恋に浮かれる→怒る→再び浮かれる、と
変わり身が早すぎるので、ちょっと軽く感じるのと、
ストレートが男に傾くスピードが速すぎるかな…。

…まあ、BLですし、そんなめったにない事例だからこそ、
そういう意味でも幻の恋といえるかもですね。

とオチをつけたところで、オススメかは微妙ですが、
別にカプは萌えじゃなくてもいいや、という方はどうぞ。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 01:05 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:05 | - | - |