-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 反動は肩に来る | main | 『scarlet』/斑目ヒロ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『優しい罠』/剛しいら(織田涼歌)
昨日のおでかけのせいでものすごく肩が痛いのですが、
予定があって今日も外出して歩き回りました。
家に帰ってきて、万歩計(ポケモンのポケウォーカー)を
見たら、なんと16,434歩……そりゃ疲れるわ。

でも、体はなんとなく朝よりも楽になりました。
動かしたほうが筋肉痛は楽になるっていうけど、
本当なんですねえ。だからといって、私が、
この私が、アウトドアしようぜ!みたいな
アクティブな人間にはならないと思いますが。
楽しかったけど、本読んでるほうが楽しいもの。

さて、今日の感想は、剛さんの新作です。
……BLとは言いがたいBLでした。
以下、感想です。


『優しい罠』/剛しいら
笠倉出版社 (2009/11)
【Amazon】



☆あらすじ
私以外の男に犯されるくらいなら、君にくれてやろう。
一人気ままに暮らす大学教授・葛城は、ある日、
血の繋がらない甥の美乃理と同居することになる。
己の性癖に悩む青年が送ってくる熱い視線。
その意味に気づきながらも、葛城は決して彼を抱こうとはしなかった。
そんな生活に入り込んできたのは、かつての教え子・海棠。
若い二人を見て、葛城はある罠を思いつき……

*   *   *   *   *   *

あらすじでだいたいはわかっていましたが、
どうせ途中で途中から参加して3Pだろうな、
と思っていましたが……甘かったです。
なんと主人公格の葛城は絡みませんでした。
まったくもって、一切、全然、1回も!
剛さんは変化球種が多すぎるよ!

一応、絡まされた2人である美乃理と海棠は
結びつくし、関係性はBLなんですけれどもね、
一般的BLで言う受攻の印象は非常に薄いです。
(それに受が可愛いと思えないのが致命的……、
まあ、これは好みもあるでしょうけれど)

それよりも、自分の価値観に基づいて生きてきた葛城が、
なかなか価値観なんて変えられない中年になったところで、
とある事件により自分の価値を失ったと思ってしまい、
愛を受け入れられないどころか、2人を結び付けようという
ねじくれた行動のインパクトが大きすぎるのです。
もちろんそれが主眼なんだから仕方ないですが、
これはBLと呼んでいいのか、甚だ疑問です。

けれど、葛城がいままでもっていた価値観、
すなわち、愛=セックスに基づくという価値観が、
彼らを操ったりする中でどのように変化し、
新しい愛の形をどのようにして知るようになるのか…、
その思考過程は理解できないけれど
こまやかで、強く印象に残ります。

説得力があるというのかな…、不惑を過ぎてこその
思考を読ませてもらった、そんな気分です。
この描写はある程度のお年を召した著者だからこそ、
説得力があるのだと思います。


私はオヤジ好きだしその辺で十分楽しんだんですが、
しかし、すごく奇抜に見えた体裁だったのに、
ラストがあいまいな擬似家族で終わるのが、
なんというか、大暴投になりそうな変化をする魔球が
実は変化していなくていつものストレートだった、
という感触でした。結局剛さんの軸は、
そこに行くのかなあ、なんて思ったり。
(どことなくJUNEチックに感じたのはそのせいかな?)

評価がはっきりと分かれそうな挑戦作(と勝手に思う)でした。
BL成分を期待しないときに読むのならいいのかも…。

P.S.
もっと年をとったときに読んだら評価が変わるかなあ…。
葛城と同じくらいのひとに感想を聞いてみたいところ。
| [BL・小説]剛しいら | 23:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:03 | - | - |