-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『優しい罠』/剛しいら(織田涼歌) | main | 『人はなぜ働かなければならないのか』/山田ユギ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『scarlet』/斑目ヒロ
せっかく本をドカーッと買ってきたというのに、
全然読みすすめられません……。
来週末は一気に読んで気を晴らすぞ!

と言いつつ、コミックは読むのに時間が
かからないから、ちらちらと読んでいます。
そういえば、この前、コミック読むのに時間が
とてもかかると言っていた方がいましたけど、
同じような方が会社にもいてちょっと驚きました。

うーん…どこをそんなに見ればいいのだろうか…。
見落としているのか、見ているところが違うのか、
それはわかりませんが、不思議なものです。

さて、今日はオススメされなければ表紙で
避けていただろうな…という作品の感想です。




『scarlet』/斑目ヒロ
幻冬舎 (2007/8/24)
【Amazon】

☆あらすじ
大学生のアキオは、美形な同級生・亮とつきあっていた。
でも寂しがり屋で押しに弱い亮は、女性から誘われる度、
断りきれずつきあってしまう。ある日アキオは、
結婚を考えているという女性を亮から紹介され、
身を引く決心をするのだが――

*   *   *   *   *   *

「ギャップ」が面白いということで読んでみたのですが、
うん、ギャップがありすぎですね!

耽美ちっくな表紙にそぐわず、崩したときの絵が
棒人間に○をのっけたような顔だったり、
かと思えば病んだ表情を描いたり……、
ギャップっていうか表現の幅が広いですね。
うーん、この絵は面白いかも…。

で、話も、あらすじからみるだけでも、
亮(攻)はアキオとつきあっているのに、
なぜか流されてしまって女とつきあい、
あまつさえ結婚を考えてる女性に会わせる…だので、
一見、矛盾していて吹っ飛んでいます。

けれど、発生した矛盾をさほど長くないページで
見事に描いています。

たとえば、亮には寂しさを紛らわすためなら
アキオでなくても寝てしまうという弱さがあり、
アキオには、亮をとめられないほどに惚れている弱みがあり、
BL史上うざい女ランキングに上位入賞が確実に
なりそうな邪魔くせー(失礼。)女には、亮を独占したい、
アキオを必要以上に恐れる、という危うさがあり、
しかし亮は、強く執着されることを望んでいる節があり、
その危うい女を一蹴できず、……というように、
微妙にかみ合わない心理をセンシティブに描いています。

どの思考も正しいとか好きだとは思いませんでしたが、
このダメ人間っぷりが面白いです。(それしかいえない)


と、この表題作だけでも面白かったのですが、
地味メガネ受が、エレベータでよく出会う憧れの男と
偶然ゲイバーで出会い、一度だけでもとセックスを
提案する「ワンナイト スタンド」も面白かったです。
シンデレラ型というか、かっこいい男がさえない自分を
見つけてくれる型ではありますが、きちんと、
受からアプローチ&決定打を打っているのが良かったです。

もう一編の地味受もたしかによくある話に見えて、
そんな受にベタ惚れしている攻がかわいい話でした。
この引き出しの多さは凄いなあ…。

近いうちに、別の既刊も読んでみたいと思います。

P.S.また瑣末な誤植なんですが、書き下ろしの中で
斑目の読みが「はだらめ」になっていました…惜しい。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 01:40 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:40 | - | - |