-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『人はなぜ働かなければならないのか』/山田ユギ | main | 2009年12月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『幸せになってみませんか?』/腰乃
ひとりマンガ祭りだー!ということで半引きこもり状態で
コミックを読みふけっておりました。

しかし藤子・F・不二雄大全集は読むのが大変です。
薄いものでも300ページはあるうえに、
「わーこれ昔好きだったなあ!」という懐古の
時間もあるため、非常に時間がかかります。が、
今読むと違う目線で見れるのも楽しいです。
BLもとっておけばまた違う目線で見れるのかなあ…。

さて、今日は腰乃さんの2作目の感想です。
オヤジ成分含め面白かったー!それでは、以下。




『幸せになってみませんか?』/腰乃
東京漫画社 (2009/11)
【Amazon】

☆あらすじ
3年付き合った彼女にプロポーズ!したら振られました。
黒岩和弘42歳、飲み屋でであった見知らぬゲイと
人生初のヤケ酒、人生初のラブホ、人生初の男とのXX…
ってハメ外しすぎた!即刻忘れるつもりが翌日会社で再会。
しかも左手小指には酔って渡した婚約指輪が……

*   *   *   *   *   *

表題作が、cab VOL.2 までしか買ってなかったので
続きが気になってたのですけれど、読めてよかったです。
自分本位でかたくなで、いけ好かない感じの42歳の
黒岩がいつの間にか可愛くなってるでねーの!

ノンケが意識していないところからゲイが
つけいると言ったら言葉が悪いですけれど、
無意識に自分本位の価値観だけで恋愛を続けていた黒岩が、
常識というレールから脱線する(させられる)ことで、
改めて恋愛についてまともに考えるようになり、
相手のことを考えるようになる過程が素敵です。

帯にあった「惚れられて尽くされてほだされる」という
言葉は愛されるだけの受身の響きを感じますが、
実際は、考え方の変化という能動的で大きい変化が
あってこそ、黒岩の感情の芽生えを可愛く感じられたし、
愛情も強く感じられたんじゃないかと思います。

(黒岩の前の彼女はちょっと可哀相です…が、
いくら女よりゲイのほうが黒岩にとっては脱線でも、
黒岩の考えを変えるほど執着してなかった、
ともいえるわけで、お互い様な気もします。)

エロの面でも、前作に比べたら濃度は低めですが、
受になり、(インサートだけでなく)はじめての
体験をさせられ、性感帯を発見させられたりして、
育ってゆくオヤジが可愛くて愛らしくて……。

軽やかなテンポ、前作のオヤジカップルの登場、
さまざま含めて楽しめだ表題作でした。


で、表題作でないほうの「名前を呼んでください」は、
コンビニでバイトしている純な高校生が、
いつも電池を買っていく清楚そうな眼鏡リーマンに
惚れてしまい、お近づきになろうとするのですが、
実は電池はバイブのために使っているという
ビッチだったことが判明し、純な高校生が
それに戸惑ってしまうお話です。

これもまた、ノンケの意識が届かない方向から
ゲイが隙をつく攻撃をしている不意打ちに、
今までに無いリアルさを感じます。
ゲイとノンケのリアルではなく恋愛における
価値観の難しさがリアルというかな……えーい、
ごたくはどーでもいいや、楽しかったよ!(強引)

こちらもエロは前作に比べたら少し薄めですが、
美しいブツに感動するシーンは笑わされました(笑)
でもわかる…たまに美しいとしかいえない造形って
存在するのよね……、って、おっと私のPCの
とあるフォルダが火を噴くところでした、危ない危ない。

えー、最後脱線しましたが、とても楽しんだ1冊でした。
カバー下も含め、オススメです。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 00:06 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:06 | - | - |