-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 浪費した時間と11月の読書メータ | main | 『薔薇の館―美少年連続殺人事件』/布刈丸洋子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『フレキシブルな恋愛』/月夜野亮(松崎司)
今日は寒いですね……師走を実感します。

ところで、私は使っていないないんですが、
JUGEMにはJUGEMレビューという機能がありまして、
これを使うとその商品の感想リンクみたいな
ところに登録されます。TBみたいなものですね。

で、どのくらいレビューが書かれているのランキングも
あるのですが、これがけっこうBLが入ってくるんですよね。
BL感想を扱うブログがどれだけあるのかも知りませんが、
凄いことですよねー…いまも腰乃さんの新刊が18位に入ってるし。
表舞台に出ざるを得ない規模なんだなあ、と。

ちなみに今の1位と2位はよつばと!とのだめです。
うーん、間違いない。

さて、今日はワーキング&おバカと両極端を
そろえた作品の感想です。






『フレキシブルな恋愛』/月夜野亮
オークラ出版 (2005/01)
【Amazon】


☆あらすじ
灰島悟は、世界的医療メーカー『グローバルエレクトリック』に入社。
その後すぐに静岡にある日本工場に配属され、明るく能天気な悟は
一躍おばちゃん達の人気者。そんな悟が唯一苦手なのが工場長のマクラウド。
なのに、ご褒美にと連れって行ってもらったふたりきりの食事の席で、
うきうきした気分になってしまったのだ。その気持ちがなんなのか、
答えを出せないまま、今度はマクラウドの自宅に招待されて……

*   *   *   *   *   *

読もうと思ったきっかけは、めったに挿絵では
お目にかかれない松崎司さんが挿絵を
描かれている本だから……といったところで、
まあ、エロ多めかも?ぐらいに考えていました。

が、前半はものすごーくワーキングでした。
これ、アクア文庫……?と思うくらいに
ワーキングが濃いめなのです。

調べたら花丸で出版されたものを新装版にして
出したとの事で、ちょっと納得ですが、
それでも半分以上ワーキングは長いですよね。


しかし、そのワーキング部分が面白くて!
まさかアクア文庫(大変失礼)で、工場における機械と
日本独特のアニミズムと神棚の関係性について
考えさせられるとは思いませんでした。

「愛称をつけるとミスがなくなる!」というのも、
どこのうさんくさいビジネス書だよ、と思いましたが、
言われてみればさもありなん、と納得しました。
ポケモンも名前をつけないと単なる記号だけど、
名前をつけると「うちの子」って気がするものね…。
(脳みそが着実にポケモンに冒されている)

2人がこの会社に入った理由、互いに惹かれた理由、
灰島が各部署をたらい回しにされた理由などの
それぞれにちゃんとした設定と道理があり、
頷きながら読めたのがよかったです。
(ちょっと重い面もありましたが…それにしても、
義肢使用者が出てくるBLって珍しいですね。)

ただし、理不尽な仕事をやりくりするシーンなどでは、
真に迫りすぎ、読んでいる側が仕事で同じ状況を
味わったりしているとムカッと来るのでご注意を。
わ、わたしのことじゃないんだからね!


と、ここまでがっつりワーキングだったのに、
前編の終わりのあたりからは、おバカモードです。
マクラウドが部下にノロケ半分で灰島のことを語るわ、
後編冒頭で「結婚しよう」と真剣に告白するわで
キャラ崩壊レベルの色ボケと化したマクラウド、
あげくには工場内放送のマイクで

「私が愛しているのはお前だけだ、サトル……」

と恥ずかしげもなく告白!沸き起こる温かい拍手!
バカばっかり!でもそういうBL、
嫌いじゃないっていうか好きだ!(笑)


というわけで、前半と後半で趣の異なる作品でしたが、
どちらのモードも楽しめそうな方にはオススメです。
もちろんガチムチめな挿絵がお好きな方にもオススメです。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:01 | - | - |