-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『フレキシブルな恋愛』/月夜野亮(松崎司) | main | 『恋ひめやも』/英田サキ(小山田あみ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『薔薇の館―美少年連続殺人事件』/布刈丸洋子
「来る……!」(少年マンガ風?)

金曜の朝からなんとなく予感はしてましたが、
やっぱり来てしまいました、風邪が。
主な被害は土曜日だけで済んだのですけれど、
サイン会に参加する予定が潰えてしまいました。

無理すれば行けないことも無かったんですが…、
雨でしたし待ってる間に倒れたりなんかしたら
逆に迷惑かかるなあ、と思ってやめました。
悔しい、情けない!体調管理、しっかりしないとですね。


さて、今日の感想は、小説道場で名前を知った
布刈丸洋子さんのお耽美なタイトルの作品です。
中身はさほどお耽美でもなくライトミステリとして
楽しめました。それでは、以下にて。




『薔薇の館―美少年連続殺人事件』/布刈丸洋子
光風社出版 (1989/07)
【Amazon】
(この表紙のあやしさは異常…)


☆あらすじ
元俳優の片桐乙馬が住む通称「薔薇の館」内で
営まれているカフェでバイトをすることになった裕司。
「薔薇の館」では乙馬を独占せんとする美少年達による
熾烈な争いが繰り広げられ、そのケはまったくない裕司も
否応なしに巻き込まれてしまう。そんな中、
とある1人の少年が死体で発見されて……!

*   *   *   *   *   *

Amazonで見てびっくり、ちょうど20年前の作品でした。
意外!と思うほどに、内容はさほど古くはありませんでした。
というのも、当時の風俗を思わせるようなものが
あまりない(「ホモ」を連発することくらい?)というのと、
設定が珍妙過ぎて時代を超越しております。

なにせ裕司の雇い主・片桐乙馬は、美少年ばかりを
従業員にしたカフェを経営し、その少年達ほとんどと
関係したうえ、客として訪れる美少年に声をかけて
虜にしてゆくというドンファンぶり。

片桐には『本命』がいるものの、彼には、
「美少年が欲望の対象にされるのを防ぎ、
愛のある関係の素晴らしさを教えるため」という、
博愛主義的なポリシーがあります。
(お前に欲望はないんかい、という突っ込みはさておき)

よって当然、片桐の周りには、彼の虜になった美少年や、
虐待から保護された(乙馬の性的対象でない年齢の)美少年、
俳優時代の往年のファン、そして乙馬の家族が登場します。
……こんなお耽美で珍妙な設定、どの時代にだってないよ!


で、「ひとと人生は愛で変わる」というテーマどおり、
乙馬を愛しすぎたゆえに膨らんでいった犯人の殺意、
『本命』を愛しすぎたゆえに相手を苦しめた乙馬、
恋ゆえに真相を探求しようとした裕司……、
2時間ドラマも驚きの「愛」てんこ盛りの惨劇が展開されます。

このテーマとミステリ部分がけっこう面白くて、
私は見事に騙されました。
まあ、私はいつも見事に騙されるわけですが、
BLのなんちゃってミステリ以上の
ミスリードと仕掛けを楽しんで読みました。

(いくら犯人が医者の関係者だったとはいえ、
精液入手は難しくないか?しかも4人分も…。(ネタバレ気味)

などなど突っ込みどころはありますが)

また、ミステリとして読みやすいことに、
設定はお耽美&珍妙ながらエロは濃くありません。
すごいテクニック、と書かれていても、行為の内容を
詳しく書いてあるわけではなく、挿絵もないので、
表紙さえ隠せば後ろから覗かれても大丈夫です。

というわけでたまにはこんなのもいかが?な感想でした。

P.S.
主人公は最初ホモフォビアなので苦手な人はご注意を。
最終的には同性愛因子がかなり発現してますけれど(笑)
| [その他]BL以外の小説 | 22:29 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:29 | - | - |